第50回中信杯 全京都学童軟式野球選手権大会

対戦カード決まる

番号札を引き、対戦相手を確認する選手ら(京都市中京区・京都新聞社)
番号札を引き、対戦相手を確認する選手ら(京都市中京区・京都新聞社)

 学童野球の京都の頂点を争う第50回記念中信杯全京都学童軟式野球選手権(京都軟式野球連盟、京都新聞、KBS京都主催)の組み合わせ抽選会が2日、京都市中京区の京都新聞社で行われた。学童の部166チーム、4年生以下が出場するジュニアの部35チームの計201チームの対戦相手が決まった。

 抽選会には、参加チームの主将や監督ら約400人が集まった。順にチーム名が読み上げられ、代表選手が緊張した表情で番号札を引いた。開会式で選手宣誓を行う「1番くじ」は小向山少年野球倶楽部(南丹市)が引き当てた。

 開会式は、23日午後2時から、宇治市の山城総合運動公園で行う予定だったが、雨が予想されるため、24日午後2時から太陽が丘球場で行う。試合は、7月14日に殿田公園(南区)と横大路運動公園(伏見区)でスタートする。決勝は8月12日にわかさスタジアム京都(右京区)で行う予定。

【2018年6月3日掲載】
関連ニュース
2018.07.17学童 試合結果
2018.07.16学童 試合結果
2018.07.15夏空の下元気にプレー 209チーム参加、開幕
2018.07.13やりたい子が楽しめるように
2018.07.08少年ら白球追う夏、開会
2018.06.25宇治で開会式
2018.06.03対戦カード決まる