第47回中信杯 全京都学童軟式野球選手権大会

4強、7日激突 学童の部 チーム紹介(上)

 3日、京都市南区の殿田公園グラウンドで学童の部の準々決勝が行われ、ベスト4が出そろった。準決勝は神明スポーツ少年団-城陽ビクトリーズ、昭和GUTS-吉祥院ユニオンズの対戦カードとなり、7日午後1時40分から伏見桃山城運動公園野球場でプレーボール。決勝進出を目指す4チームを紹介する。

 メンバー表の数字は背番号、丸数字は学年、◎は主将

城陽ビクトリーズ(城陽市)

城陽ビクトリーズ

 準々決勝は4-4の引き分けとなり、抽選勝ちで準決勝進出を決めた。最終回となった五回は満塁のピンチをしのいでサヨナラ負けを防いだ。大西監督は「結果を恐れず、一球に集中してプレーできた」とたたえた。


 初戦から5試合で4人の投手が先発するなど「全員野球」で力を発揮。試合ごとに投打のヒーローが生まれ、大槻主将は「みんなが勝ちたいと努力している。エラーをしても『大丈夫』と声を掛け合えた」と胸を張った。

神明スポーツ少年団(宇治市)

神明スポーツ少年団

 14人の6年生で勝ち上がってきた。低学年の頃から一緒に練習し、チームワークに自信がある。モットーは「楽しく伸び伸びと」。森江監督は「野球大好き集団。監督が言わなくても試合中にコミュニケーションがとれる」と褒める。


 山中選手や四方主将を中心に攻めの継投で勝ち上がってきた。打撃や走塁も積極性を大切にする。四方主将は「ピンチの時は大きな声で助け合う。全国大会で監督を胴上げしたい」と夢を語る。

監督 大西  徹

  • 10 ◎大槻 貴也(6)
  • 0  奥田 航希(6)
  • 1  中山 滉大(6)
  • 2  金沢 大和(6)
  • 3  松岡  耀(6)
  • 4  伊藤  忍(6)
  • 5  梅田 愛梨(6)
  • 6  野間 海斗(6)
  • 7  出雲 優斗(6)
  • 8  山本 結心(6)
  • 9  三ツ井裕哉(6)
  • 11  山本 大地(5)
  • 12  信貴裕太郎(5)
  • 13  森島  遼(5)
  • 15  平山 陽太(5)
  • 16  武藤  宰(5)
  • 17  浜崎 航基(5)
  • 20  永友 優大(5)
  • 監督 森江 敬一

  • 10 ◎四方 大翔(6)
  • 1  山中雄二郎(6)
  • 2  山谷 泰生(6)
  • 3  村上 大剛(6)
  • 4  柴田  蓮(6)
  • 5  谷田  陽(6)
  • 6  森江 大悟(6)
  • 7  勝木 崚真(6)
  • 8  野畑 咲南(6)
  • 9  小村 謙心(6)
  • 11  浅野 春香(6)
  • 12  北池 脩真(6)
  • 13  上田 爽真(6)
  • 14  斉藤 七星(6)
  • 【2018年4月5日掲載】
    関連ニュース
    2018.04.15終盤の粘り、逆転呼ぶ 神明スポ少 足を絡めて好機広げる 広野ジュニアーズ
    2018.04.15神明スポ少13年ぶり頂点 学童の部、ジュニアの部 広野ジュニアーズ初栄冠
    2018.04.10神明スポ少が学童の部優勝 、ジュニアの部は広野ジュニアーズ
    2018.04.08球児の春、躍動
    2018.04.08神明スポ少と吉祥院が決勝
    2018.04.06学童の部 チーム紹介(下)
    2018.04.054強、7日激突 学童の部 チーム紹介(上)
    2018.04.04学童 試合結果
    2018.04.03学童 試合結果
    2018.04.02学童 試合結果
    2018.04.01ジュニア 試合結果
    2018.03.31学童 試合結果
    2018.03.29ジュニア 試合結果
    2018.03.28学童 試合結果
    2018.03.27学童 試合結果
    2018.03.26学童 試合結果
    2018.03.25「優勝狙う」全力
    2018.03.22響け!球音 目指せ!頂点
    2018.02.25各チーム、対戦相手決まる