出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

九州大教授、吉岡斉氏が死去
脱原発活動も

 吉岡斉・九州大教授
 吉岡斉・九州大教授

 東京電力福島第1原発事故を巡る政府の事故調査・検証委員会委員を務め、脱原発活動に携わった九州大教授の吉岡斉(よしおか・ひとし)氏が14日午前8時すぎ、肝神経内分泌腫瘍のため、福岡市の九州大病院で死去した。64歳。富山県出身。葬儀・告別式の日取りは未定。

 科学技術史が専門で原子力政策に精通。九州大では2010年4月から14年3月まで副学長も務めた。脱原発社会の実現を目指し政策提言する市民団体で、福島第1原発事故後に発足した「原子力市民委員会」の座長だった。

【 2018年01月14日 18時21分 】

ニュース写真

  •  吉岡斉・九州大教授
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      阿波おどり主催の新団体が発足
      例年通り8月12日開幕へ

      20180426000078

       徳島市で開かれる「阿波おどり」事業で4億円以上の累積赤字が発生している問題で、26日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ジュニアレスリング優勝の海洋高3年今井さん「次は全日本V」

      20180426000051

       今月に行われた20歳以下のレスリングの全国大会で、京都府宮津市の海洋高3年の今井佑海(..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 川重冷熱工業

      20180426000070

      ■ボイラー不振で減益 主力の空調機器は設置工事付きの案件が減少し、ボイラー事業の不振も響..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      イッツ・ア・スモール「京都」ワールド 京都の名所、匠が模型に

      20180426000079

       伏見稲荷大社や平等院鳳凰堂など、京都府内の神社仏閣を精巧に再現したミニチュア模型展が京..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]