出版案内
福祉事業団

スマホ好調、業績大幅改善 京都・滋賀の48社9月中間決算

2017年9月中間業績
2017年9月中間業績

 京都、滋賀に本社を置く3月期決算の上場企業(金融4社除く)48社の2017年9月中間決算は、経常利益が増益や黒字転換だった企業が3分の2にあたる32社に上った。スマートフォンや半導体関連の需要増加や海外経済の復調を追い風に、過去最高益を更新する企業も相次いだ。

 経常損益は、増益が27社(56・3%)、黒字転換が5社(10・4%)だった一方、減益は13社(27・1%)、赤字は2社(4・2%)にとどまった。減益と赤字の企業が半数を超えていた前年同期に比べると、企業業績は大幅に改善した。

 けん引役は高機能化が進むスマートフォンや、メーカーの設備投資が活発な半導体だ。NISSHAはタッチパネルに使うタッチセンサーが大手スマホに採用され、黒字転換した。TOWAもスマホ用カメラ部品の需要拡大で半導体樹脂封止装置が伸び、売上高は最高となった。半導体製造装置を扱うSCREENホールディングスや、マイコンを販売するたけびしも、最高益を達成した。

 回復基調が続く海外需要を取り込んだ企業も目立った。島津製作所は、計測・分析装置が中国を中心に伸びて過去最高益を更新。松風も、歯科材料が北米や中国で受注が増え、増収増益だった。円安も採算向上に寄与し、ニチコンやニチダイは経常増益となった。

 自動車関連も好調だった。エンジン部品を製造するサンコールやメタルアート、ねじのヤマシナはそろって経常増益だった。

 売り上げを伸ばしながら、利益面で原材料費上昇に足を引っ張られるケースも一部で見られた。ジーエス・ユアサコーポレーションは蓄電池に使う鉛、三洋化成工業はナフサの価格上昇の影響を受け、増収減益となった。

【 2017年11月15日 08時49分 】

ニュース写真

  • 2017年9月中間業績
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      「和解は息子の命生かす通過点」
      シンドラー訴訟で母会見

      20171124000127

       東京都港区のマンションで2006年、住人の高校2年市川大輔さん=当時(16)=がエレベ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      浅田真央さん、軽く皇居1周
      姉の舞さんと一緒に

      20171124000136

       ことし現役を引退したフィギュアスケートの浅田真央さんが24日、プレミアムフライデー推進..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園小唄「舞妓として必須」 京都で歌碑に献花

      20171124000013

       京都の四季の風情や舞妓の心情を詠み、花街で親しまれ続ける歌舞曲をたたえる祇園小唄祭が2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]

      国際

      中国の高級幼稚園で虐待
      教諭が針を刺し、薬物飲ませる

      20171124000137

       【北京共同】北京市の富裕層の子供が通う幼稚園で、教諭が園児に繰り返し針を刺し、成分不明..... [ 記事へ ]