出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

頬ふっくら、お多福面愛らしく 滋賀、富久豆作りピーク

お多福の面に表情や色彩を加えていく職人たち(滋賀県近江八幡市上田町・たねや近江八幡工場)
お多福の面に表情や色彩を加えていく職人たち(滋賀県近江八幡市上田町・たねや近江八幡工場)

 2月3日の節分の日を前に、お多福の面をかたどった菓子づくりが、滋賀県近江八幡市上田町にある製菓会社たねやの工場でピークを迎えている。

 同社は1986年から新春の風物詩として豆菓子とセットで販売するお多福面を製造している。面はふっくらとした頰と愛くるしい表情が特徴で、縦15・5センチ、横11・5センチ。

 昨年末までにヤマイモや滋賀県産のもち米粉、砂糖を混ぜて真っ白な面の型取りを終えた。現在は職人10人ほどが、はけと筆に食紅やイカスミを染み込ませて、髪や目、唇などを描き込んでいる。

 賞味期限は2カ月間。付属の紅白ひもを通して厄よけの壁飾りとしても使えるという。「富久豆(ふくまめ)」の商品名で、16日から県内外の店舗と通信販売で計5050セットを扱う。2160円。

【 2018年01月12日 11時45分 】

ニュース写真

  • お多福の面に表情や色彩を加えていく職人たち(滋賀県近江八幡市上田町・たねや近江八幡工場)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      山本太郎氏らが垂れ幕
      参院本会議、カジノ反対で

      20180720000215

       カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が採決された20日の参院本会議で、同法の成..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高校野球滋賀大会が日程変更  猛暑で健康面配慮

      20180720000219

       滋賀県高野連は20日、皇子山球場で21日から予定していた高校野球滋賀大会の3回戦以降の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      酷暑なんの「エンヤラヤー 」 祇園祭後祭曳初め

      20180720000157

       祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行(24日)を前に、組み上がって懸装(けそう)品を飾り..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]

      国際

      テン選手刺殺で男2人拘束
      カザフ、容疑認める

      20180720000161

       【モスクワ共同】2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、デニス・テ..... [ 記事へ ]