出版案内
福祉事業団

バラ14種が初開花、彩り楽しむ 京都の中学

彩り鮮やかなバラ(向日・西ノ岡中)
彩り鮮やかなバラ(向日・西ノ岡中)

 京都府向日市物集女町の西ノ岡中で、校門脇の花壇に植わったバラが、見頃を迎えている。昨冬に育て始め、初めて花を付けた。開花を心待ちにしてきた生徒たちが、株ごとに異なる彩りや香りを楽しんでいる。

 同中では2年前、PTAが苗を植えた鉢を各教室に配る「花育」に取り組み始めた。昨年、田中尚敦校長(59)がバラ栽培を提案。消毒や施肥で細かな手入れを重ね、以前は雑木などが植わっていた花壇で5月上旬から、14種類のバラが順に咲き始めている。

 生徒会役員の3年塚本緒弥さん(14)は「学校を花でいっぱいに」と公約を掲げた。今年は、生徒たちが取り組みを広げる。既に各教室の鉢へ植える苗を生徒たちで選定済み。バラの人気投票や栽培方法を園芸業者から習う企画の構想もある。

 生徒を迎え入れるバラは、花の形状も香りもさまざま。3年佐々木琴理さん(15)は「バラと言えばトゲと赤っていう固定観念が変わった。いろいろな個性がきれいと思う」。

【 2017年05月19日 10時12分 】

ニュース写真

  • 彩り鮮やかなバラ(向日・西ノ岡中)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      河野氏、ミス来訪に緊張?
      直立不動で写真撮影

      20180222000179

       河野太郎外相は22日、2017年ミス・ユニバース日本代表の阿部桃子さん(23)の表敬を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷選手、25日に初登板
      二刀流はまず投手で実戦

      20180223000009

       【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(23)が24日午後..... [ 記事へ ]

      経済

      伝統と現代融合、京都企業の商品PR 東京で商談フェア

      20180222000129

       京都の伝統と現代的な感性を融合させた商品・サービスを紹介する商談会「京都知恵産業フェア..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      重文邸宅、眺望楽しんで 京都・旧三井家別邸で特別公開

      20180222000138

       明治、大正期の近代和風建築の伝統を伝える国重要文化財の旧三井家下鴨別邸(京都市左京区下..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      植物のDNA修復メカニズム解明 京産大教授ら

      20180222000076

       植物がDNAを修復するメカニズムの一端を、京都産業大総合生命科学部の木村成介教授や愿山..... [ 記事へ ]

      国際

      全米で高校生ら銃規制訴えデモ
      授業一時抜け出し

      20180222000110

       【ロサンゼルス共同】米南部フロリダ州の高校銃乱射事件から1週間を迎えた21日、全米各地..... [ 記事へ ]