出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

パーキンソン病の進行抑制化合物 京大教授ら開発

 細胞のエネルギーの基となるATP(アデノシン三リン酸)の量を調整することでパーキンソン病の進行を抑える化合物を、京都大生命科学研究科の垣塚彰教授らがマウスの実験によって見つけた。ほかの神経の病気への応用も期待できるという。国際科学誌にこのほど発表した。

 パーキンソン病は千人に1人が発症し、神経伝達物質ドーパミンを作る神経細胞が変性し、手足の震えから進行して運動機能が失われる。神経細胞でのATP量の減少が背景にあるとされる。

 垣塚教授らは既に、ATPの分解を抑える化合物「KUS剤」は開発していた。さらに今回は、ATPの産生を促す作用を持つ化合物「エスクレチン」を、約10万種の中から発見した。パーキンソン病モデルのマウスに投与したところ、KUS剤もエスクレチンのいずれにおいても、ATP量の低下が抑えられ、細胞死が少なくなった。運動能力の低下も抑制された。

 垣塚教授は「ATP量の低下が背景にある病気は多い。応用の幅は広いはず」と話している。

【 2017年09月12日 16時16分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      緊急性ない「相談」208万件
      警察庁まとめ、過去最多

      20180528000023

       全国の警察が2017年、110番通報とは別で、緊急対応を必要としない「相談」として取り..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス大坂は自己最高の20位
      女子世界ランク

      20180528000057

       女子テニスの28日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ(日清食品)は前週の21位から..... [ 記事へ ]

      経済

      日中韓、次世代通信実用化で協力
      野田氏、担当相と会談

      20180527000109

       野田聖子総務相は27日、日本、中国、韓国3カ国の情報通信相会合に先立ち、東京都内で中国..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      派手な外見、包むノスタルジー アートユニットYotta

      20180528000060

       週末の昼下がり、大型複合施設「グランフロント大阪」前の路上で「ドーン」と大きな音が響い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、海の生態系保護区を拡大
      国際目標達成へ

      20180528000038

       海の生物や生態系の保全を強化するため、環境省は海洋保護区を拡大する方針を決めた。28日..... [ 記事へ ]

      国際

      トルコの民主主義「崩壊」
      大統領選の最大野党候補

      20180528000046

       【イスタンブール共同】6月24日のトルコ大統領選に出馬した最大野党、共和人民党(CHP..... [ 記事へ ]