出版案内
福祉事業団

パーキンソン病の進行抑制化合物 京大教授ら開発

 細胞のエネルギーの基となるATP(アデノシン三リン酸)の量を調整することでパーキンソン病の進行を抑える化合物を、京都大生命科学研究科の垣塚彰教授らがマウスの実験によって見つけた。ほかの神経の病気への応用も期待できるという。国際科学誌にこのほど発表した。

 パーキンソン病は千人に1人が発症し、神経伝達物質ドーパミンを作る神経細胞が変性し、手足の震えから進行して運動機能が失われる。神経細胞でのATP量の減少が背景にあるとされる。

 垣塚教授らは既に、ATPの分解を抑える化合物「KUS剤」は開発していた。さらに今回は、ATPの産生を促す作用を持つ化合物「エスクレチン」を、約10万種の中から発見した。パーキンソン病モデルのマウスに投与したところ、KUS剤もエスクレチンのいずれにおいても、ATP量の低下が抑えられ、細胞死が少なくなった。運動能力の低下も抑制された。

 垣塚教授は「ATP量の低下が背景にある病気は多い。応用の幅は広いはず」と話している。

【 2017年09月12日 16時16分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      若者の「死にたい」、背景に目向けて 滋賀の専門家指摘

      20171121000046

       神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件は、発覚から3週間が経過する。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      滋賀、ホーム5連勝ならず バスケBリーグ

      20171120000171

       プロバスケットボールのBリーグは20日、ウカルちゃんアリーナで1試合を行い、滋賀レイク..... [ 記事へ ]

      経済

      ワーナー買収阻止へ提訴
      米司法省、競争阻害と主張

      20171121000007

       【ニューヨーク共同】米通信大手AT&Tが合意している米メディア・娯楽大手タイム・ワーナ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紫式部文学賞、津村記久子さんに贈呈 京都・宇治

      20171120000028

       女性作家の優れた文学作品に贈る「第27回紫式部文学賞」(京都府宇治市主催)の贈呈式が1..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      火星のしま、砂の流れが模様形成
      「水ではない」とNASA

      20171121000024

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は20日、過去に火星表面で発見され、水の流れ..... [ 記事へ ]

      国際

      セクハラで米紙看板記者が停職
      ニューヨーク・タイムズ

      20171121000045

       【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズは20日、複数の女性にセクハラ行為をした..... [ 記事へ ]