出版案内
福祉事業団

「日本一の湖で」 国立環境研琵琶湖分室開設へ協定

国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館

 国立環境研究所(国環研、茨城県つくば市)の琵琶湖分室が4月に滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)内に開設されるのを前に、県と国環研、環境省は17日、湖沼環境研究で協力する基本協定を結んだ。

 琵琶湖分室の開設は、政府機関の地方移転基本方針に沿って昨年3月に決定された。国環研の研究者ら10人程度が常駐する予定で、県の研究者とともに生態系に配慮した水質管理方法の検討や水草の適正管理、在来魚介類の回復などにつながる研究を進める。企業や大学、県内市町などとも連携し、研究成果を水環境ビジネスにつなげる取り組みも進める。

 大津市の県公館で、三日月大造知事と国環研の住明正理事長、環境省総合環境政策局の奥主喜美局長が協定書を交わした。住理事長は「社会は大きく変わっており、環境研究に終わりはない。日本一の琵琶湖で県センターと共同研究を進め、成果の最大化を図りたい」と強調。三日月知事は「湖沼環境研究をリードする国環研に来てもらうことは長年の願いだった。研究で得られた知見を水質測定機器の開発などにも活用し、地方創生につなげたい」と期待を寄せた。

【 2017年02月17日 22時28分 】

ニュース写真

  • 国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      長崎空港で小型機胴体着陸
      3人搭乗、滑走路一時閉鎖

      20170629000051

       29日午前10時半ごろ、長崎県大村市の長崎空港に崇城大(熊本市)の小型双発プロペラ機ビ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      3年後の東京見据え、世界へ船出 東レ滋賀ボート部・福井

      20170629000082

       名門・東レ滋賀ボート部で21歳の福井康が2020年東京五輪出場への歩みを進めている。5..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反発、終値89円高
      海外の長期金利上昇で金融株買い

      20170629000080

       29日の東京株式市場は、海外の長期金利上昇で収益改善観測が高まった金融株が買われ、最近..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      儀式の仮面や土器、ニューギニア民族資料一堂に 京都市芸大

      20170629000077

       京都市立芸術大(西京区)の美術調査隊が1969年、ニューギニア島で採集した民族資料を公..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原薬メーカーを業務停止
      和歌山県が命令、22日間

      20170628000134

       風邪薬の成分として使われる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを製造している国内大手の原薬メー..... [ 記事へ ]