出版案内
福祉事業団

「日本一の湖で」 国立環境研琵琶湖分室開設へ協定

国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館

 国立環境研究所(国環研、茨城県つくば市)の琵琶湖分室が4月に滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)内に開設されるのを前に、県と国環研、環境省は17日、湖沼環境研究で協力する基本協定を結んだ。

 琵琶湖分室の開設は、政府機関の地方移転基本方針に沿って昨年3月に決定された。国環研の研究者ら10人程度が常駐する予定で、県の研究者とともに生態系に配慮した水質管理方法の検討や水草の適正管理、在来魚介類の回復などにつながる研究を進める。企業や大学、県内市町などとも連携し、研究成果を水環境ビジネスにつなげる取り組みも進める。

 大津市の県公館で、三日月大造知事と国環研の住明正理事長、環境省総合環境政策局の奥主喜美局長が協定書を交わした。住理事長は「社会は大きく変わっており、環境研究に終わりはない。日本一の琵琶湖で県センターと共同研究を進め、成果の最大化を図りたい」と強調。三日月知事は「湖沼環境研究をリードする国環研に来てもらうことは長年の願いだった。研究で得られた知見を水質測定機器の開発などにも活用し、地方創生につなげたい」と期待を寄せた。

【 2017年02月17日 22時28分 】

ニュース写真

  • 国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      落雷で信号故障、警報機鳴り続く 京都・JR片町線

      20170823000197

       23日午後1時45分ごろ、京都府京田辺市田辺のJR片町線京田辺駅構内の信号が赤のまま変..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      世界バド、奥原が3回戦進出
      園田組初戦突破

      20170823000207

       【グラスゴー(英国)共同】バドミントンの世界選手権第3日は23日、英国のグラスゴーで各..... [ 記事へ ]

      経済

      サムスンが大画面スマホ
      ノート8、光学ズーム搭載

      20170824000002

       【ニューヨーク共同】韓国サムスン電子は23日、大画面のスマートフォン「ギャラクシーノー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ゆらめく炎に亡き人思う 京都・化野念仏寺

      20170823000180

       数千体の無縁仏に灯明を供える「千灯供養」が23日、京都市右京区嵯峨鳥居本の化野(あだし..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      違法薬物、刑事が危険性訴え 京都の小学校で講演

      20170823000036

       違法薬物の危険性について理解を深める教諭対象の研修会が22日、京都市右京区の嵯峨小で開..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      アユ漁の安定願い2倍超放流 不漁受け滋賀県

      20170823000182

       来季の琵琶湖のアユ確保に向けた親魚の放流が23日、高島市安曇川町北船木の安曇川人工河川..... [ 記事へ ]