出版案内
福祉事業団

「日本一の湖で」 国立環境研琵琶湖分室開設へ協定

国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館

 国立環境研究所(国環研、茨城県つくば市)の琵琶湖分室が4月に滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)内に開設されるのを前に、県と国環研、環境省は17日、湖沼環境研究で協力する基本協定を結んだ。

 琵琶湖分室の開設は、政府機関の地方移転基本方針に沿って昨年3月に決定された。国環研の研究者ら10人程度が常駐する予定で、県の研究者とともに生態系に配慮した水質管理方法の検討や水草の適正管理、在来魚介類の回復などにつながる研究を進める。企業や大学、県内市町などとも連携し、研究成果を水環境ビジネスにつなげる取り組みも進める。

 大津市の県公館で、三日月大造知事と国環研の住明正理事長、環境省総合環境政策局の奥主喜美局長が協定書を交わした。住理事長は「社会は大きく変わっており、環境研究に終わりはない。日本一の琵琶湖で県センターと共同研究を進め、成果の最大化を図りたい」と強調。三日月知事は「湖沼環境研究をリードする国環研に来てもらうことは長年の願いだった。研究で得られた知見を水質測定機器の開発などにも活用し、地方創生につなげたい」と期待を寄せた。

【 2017年02月17日 22時28分 】

ニュース写真

  • 国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      スーパーあずさE353系試乗会
      新技術で乗り心地アップ

      20171122000041

       JR東日本は22日、東京都心と山梨県、長野県を結ぶ中央線の特急「スーパーあずさ」として..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      釜石、W杯カウントダウン始まる
      「一生に一度」盛り上げる

      20171122000037

       2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で2試合の開催が決まった岩手県釜石市は..... [ 記事へ ]

      経済

      初乗り値下げで利用者増なるか 京都府タクシー協会が懇談会

      20171122000022

       京都市域のタクシー運賃改定に向け、京都府タクシー協会は21日、消費者や労働者の代表らと..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      休館中の南座に巨大絵 顔見世の活気描く

      20171121000174

       耐震改修のため長期休館中の南座(京都市東山区)に21日、まねき看板など往年の顔見世興行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSでアルツハイマー予防薬 京大、組み合わせ候補発見

      20171122000013

       アルツハイマー病の原因物質の生産を抑制する既存薬の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所..... [ 記事へ ]