出版案内
福祉事業団

「日本一の湖で」 国立環境研琵琶湖分室開設へ協定

国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館

 国立環境研究所(国環研、茨城県つくば市)の琵琶湖分室が4月に滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)内に開設されるのを前に、県と国環研、環境省は17日、湖沼環境研究で協力する基本協定を結んだ。

 琵琶湖分室の開設は、政府機関の地方移転基本方針に沿って昨年3月に決定された。国環研の研究者ら10人程度が常駐する予定で、県の研究者とともに生態系に配慮した水質管理方法の検討や水草の適正管理、在来魚介類の回復などにつながる研究を進める。企業や大学、県内市町などとも連携し、研究成果を水環境ビジネスにつなげる取り組みも進める。

 大津市の県公館で、三日月大造知事と国環研の住明正理事長、環境省総合環境政策局の奥主喜美局長が協定書を交わした。住理事長は「社会は大きく変わっており、環境研究に終わりはない。日本一の琵琶湖で県センターと共同研究を進め、成果の最大化を図りたい」と強調。三日月知事は「湖沼環境研究をリードする国環研に来てもらうことは長年の願いだった。研究で得られた知見を水質測定機器の開発などにも活用し、地方創生につなげたい」と期待を寄せた。

【 2017年02月17日 22時28分 】

ニュース写真

  • 国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      地域活性化へ「ハッカソン」 京都・精華、アプリ開発の腕競う

      20170728000133

       地域活性化につながるアプリの開発を競う「地域創生ハッカソン」がこのほど、京都府精華町の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      元世界王者三浦が引退表明
      15日に王座復帰逃す

      20170729000003

       元世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級王者の三浦隆司(33)=帝拳=が28..... [ 記事へ ]

      経済

      ペプシなど6飲料自主回収へ
      サントリー、340万本

      20170728000152

       サントリー食品インターナショナルは28日、プラスチック片が混入している可能性があるとし..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      火の粉舞う中、素足で歩む 京都・狸谷山不動院「火渡り祭」

      20170728000177

       焚(た)き上げた護摩木の上を素足で歩く「火渡り祭」が28日夜、京都市左京区一乗寺の狸谷..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「平安貴族って大変だ」 児童が狩衣・袿姿を体験

      20170728000038

       平安時代の生活を体験する教室が27日、京都市中京区の京都アスニーであり、小学生が貴族の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      弘前大、津軽弁をAIで標準語に
      東北電力と自動翻訳研究へ

      20170728000109

       弘前大は28日、なまりが強く方言の中でも特に難解とされる青森県の津軽弁を、人工知能(A..... [ 記事へ ]