出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

3本目の腕、ほしいですか <変わる生の形・身体拡張>

開発したロボットハンドを実際に動かす粕谷社長(東京都渋谷区)
開発したロボットハンドを実際に動かす粕谷社長(東京都渋谷区)

 猫の手も借りたい-。忙しさが高じて思わずつぶやいても、本気で3本目の腕がほしいと願う人は多くはいないだろう。だが、この夢を実現しようとしているベンチャー企業がある。「腕がもう1本あれば作業も効率的にできる。2本腕は不自由」。社長の男性は語る。いったいどんな未来を思い描いているのか…。

 腕にセンサーを着けた記者が手をグーの形にすると、ウィーンという音をたててすぐそばのロボットハンドが同じ形を取った。複雑な操作は必要なく、精巧な動きと比べて拍子抜けした。東京都渋谷区。古めかしいマンションの一室にあるベンチャー企業「メルティンMMI」のオフィスだ。

 「のどなど腕以外にセンサーを着けても操作できる。将来、掃除機をかけながら離れた台所に置いたロボットハンドで皿を片付けられるようになります」。粕谷昌宏社長(29)が説明してくれた。筋肉に生じる電気活動を感知して動き、12種類の動作を実現できる。障害の有無にかかわらず、ニーズを見込む。

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを活用した再生医療は失われた組織の機能の復元を目指すが、同社の狙いはロボットハンドなどの技術を使った「身体の可能性の拡大」にある。小さい頃から物作りが好きだったという粕谷社長は、「会話を通して他人と複雑な共同作業をするよりも、自分の意思で動く腕がもう1本あれば便利なのに」と感じてきた。

 記者自身は、2本の腕で不自由を覚えたことはない。3本目の腕を求めるニーズは多く見込めるだろうか。「SNS(交流サイト)だって昔の人は必要性を認めなかったけど、今は誰もが親しんでいます。ロボットハンドも、使い始めれば元の生活に戻れないのでは」。粕谷社長はきっぱりと答えた。センサーの性能などを向上させ、5年後の販売を目標としている。

 人間と機械の融合は既に進んでいる。心臓ペースメーカーや人工関節などを体内に設置する治療は、広く普及している。こうした医療の延長に、ロボットハンドを位置づけられる。

 「身体と機械が融合する『サイボーグ化』の流れは止められない」。医師で医療思想史を研究する佛教大の村岡潔教授(68)は指摘する。古代から木製の義肢などの利用はあり、技術の進展に合わせて身体との融合を深めてきた歴史があるからだ。失われた身体機能の回復と増強は違うようにも思えるが、村岡教授は「『治療』の定義は多様。身体と機械の融合で『これ以上は治療でない』と区切るのは難しい」とみる。

 身体の改造が広がることでマイナス面もある。「身体機能の増強は、現状の自分の否定を出発点にする。行きすぎれば、ありのままの自分を認められない風潮が強まる」。富裕層しか技術を活用できない可能性も高い。身体機能の上昇志向が社会を覆い、能力格差が広がることを危惧する。

 「便利さ」を求めて身体機能を増強する試みには、期待と懸念が交錯する。技術の進展の先にあるのは「すばらしい新世界」だろうか。(全12回の1回目)

   ◇

 京都新聞では、iPS細胞が誕生してから10年となるのに合わせて、2016年から連載「いのちとの伴走」を掲載してきた。研究の最前線に加えて倫理やビジネスなどさまざまな角度から、iPS細胞が社会に及ぼす影響を探った。iPS細胞が切り開く未来はまだ不透明だが、一方でロボットや脳を扱う科学は既に、私たちの生命観に変容をもたらしている。最後となる第6部では、現代科学が変えつつある「生の形」の全体像を描き出したい。

【 2018年01月11日 19時00分 】

ニュース写真

  • 開発したロボットハンドを実際に動かす粕谷社長(東京都渋谷区)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      宇治川花火、終了見直さず 市長公約に「再開検討」、議会は批判

      20180426000061

       京都府宇治市は、昨年12月に終了を決め、市議会から再検討を求められていた「宇治川花火大..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ジュニアレスリング優勝の海洋高3年今井さん「次は全日本V」

      20180426000051

       今月に行われた20歳以下のレスリングの全国大会で、京都府宮津市の海洋高3年の今井佑海(..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 川重冷熱工業

      20180426000070

      ■ボイラー不振で減益 主力の空調機器は設置工事付きの案件が減少し、ボイラー事業の不振も響..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      名建築「聴竹居」で新緑めでる会 京都・大山崎で28日

      20180426000066

       昭和初期の名建築として知られる重要文化財「聴竹居」(京都府大山崎町大山崎)で28日午前..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]