出版案内
福祉事業団

光るつけまつげ、電磁波で発光 立命大教授ら開発

送電機(右手前)からの電磁波を受けて発光するつけまつげ=京都市左京区
送電機(右手前)からの電磁波を受けて発光するつけまつげ=京都市左京区

 音楽に合わせて鮮やかな色の発光ダイオード(LED)が点灯する小型の「光るつけまつげ」を、立命館大理工学部の道関隆国教授と資生堂が共同開発した。重さ約0・2グラムで、電磁波を受信して発光する。実用化は未定だが、パーティーやコンサートなどで新たなファッションとして期待できる。

 「光るつけまつげ」は既に市販されているが、電池やコードが付属している。道関教授らが開発したタイプは、長さ約4センチで直径1ミリと軽量化し、ファッション性の向上に努めた。一定以上の強度で人が電磁波を浴びないよう、電力を制御する送電機も作った。音楽を読み込んで発信を制御することで、リズムを刻んでまつげが発光する。

 人が装着するには安全性の確認や送電技術の向上など課題が残っており、改善に取り組むという。

 資生堂からの依頼を受けて2016年夏から開発に取り掛かった。開発に当たったのは、道関教授をはじめつけまつげや化粧の経験のない男性ばかり。大学院生の西橋毅さん(24)は「女性から助言を得て、電波を受信するアンテナを肌の色に近づけたり、まつげに沿って湾曲させたりと苦労しました」と振り返る。

 人形を使った実演では、まつげが緑や赤に点灯。少し不気味な雰囲気も漂ったが、「周りからの視線を集めて注目されるはず」と西橋さん。「つけまつげをモチーフにした歌もある、きゃりーぱみゅぱみゅさんにもぜひ着けてほしい」

【 2018年01月11日 19時00分 】

ニュース写真

  • 送電機(右手前)からの電磁波を受けて発光するつけまつげ=京都市左京区

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      合掌造り包む柔らかな光、岐阜
      白川郷ライトアップ

      20180121000106

       岐阜県白川村の白川郷で21日、世界文化遺産に登録されている合掌造り集落がライトアップさ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子回転、大越は平昌出場逃す
      アルペンスキーW杯第8戦

      20180122000007

       【キッツビューエル(オーストリア)共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は21日..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見の搾りたて新酒飲み比べ 京都で酒蔵開き

      20180121000098

       京都市伏見区の伏見銘酒協同組合は21日、今シーズンの新酒を提供する「酒蔵開き」を組合の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      暖かい朝、手合わせ無病息災願う 京都・東寺で初弘法

      20180121000097

       京都市南区の東寺(教王護国寺)で21日、今年最初の縁日「初弘法」が開かれた。市内は3月..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      遺骨87体未返還、尊厳無視 <医の倫理根源 京大の収集>

      20180121000089

       京都大は、大正時代から京都帝国大医学部の清野謙次教授らが収集したアイヌ民族の遺骨のほか..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]