出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

風力発電、湧水など調査求める 滋賀県審査会

 滋賀県米原市と岐阜県関ケ原町にまたがる山林を候補地とする「仮称米原風力発電事業計画」について環境保全の観点から審議する滋賀県環境影響評価審査会が11日、大津市の県合同庁舎で開かれた。イヌワシなどの生態系や湧水など水環境への影響を詳しく調査することを事業者に求めることで意見を集約した。

 事業者が提出した「環境への配慮書」に対する質疑など、昨年12月の同審査会に続く2回目。委員会は鳥類や植物、水質、文化財などの学識経験者12人で構成、11人が出席した。

 審査会では、日本イヌワシ研究会や米原市が県などに提出した意見書も参考に事業者に考えを聞いた。委員からは、イヌワシの調査は最低2年間とする▽工事期間の濁水だけなく、醒井地区の湧水への長期的な影響についても調べる-などを求める意見が出た。

 事業者のジャパン・リニューアブル・エナジー(東京都)は「イヌワシなど稀少(きしょう)生物に重大な影響が回避できない場合は、事業の中止も考えている」と回答した上で、「現地調査を実施した上で判断したい」と述べた。

 県は、審査会の意見を基に「知事意見」をまとめ、月内にも事業者に送付する。今後、事業者は環境影響評価法に基づき環境アセスメントの方法を伝える「方法書」を策定する手続きに入る。県環境保全課によると、一般的に風力発電施設の着工には、配慮書提出から3~5年かかるという。

【 2018年01月11日 22時40分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      山本太郎氏らが垂れ幕
      参院本会議、カジノ反対で

      20180720000215

       カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が採決された20日の参院本会議で、同法の成..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高校野球滋賀大会が日程変更  猛暑で健康面配慮

      20180720000219

       滋賀県高野連は20日、皇子山球場で21日から予定していた高校野球滋賀大会の3回戦以降の..... [ 記事へ ]

      経済

      宿泊税で京都の地下鉄整備を 鉄道ジャーナリスト梅原氏

      20180720000165

       京都政経文化懇話会7月例会が20日、京都市中京区のホテルであり、鉄道ジャーナリストの梅..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      酷暑なんの「エンヤラヤー 」 祇園祭後祭曳初め

      20180720000157

       祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行(24日)を前に、組み上がって懸装(けそう)品を飾り..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]