出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

貼って再生、人工皮膚承認 京大、糖尿病の壊死に有効

製造が承認された新しい人工皮膚
製造が承認された新しい人工皮膚

 京都大は16日、糖尿病で壊死(えし)した皮膚の再生に有効な機能性人工皮膚の製造が10日に承認されたと発表した。傷口に貼ると周囲の組織の治癒を促す機能があるといい、来年1月の本格販売を目指す。

 京大医学部非常勤講師でもある森本尚樹関西医科大准教授らの研究グループと繊維メーカー「グンゼ」が開発した。

 糖尿病患者は、血流の悪化などで足に治療が困難な皮膚潰瘍を生じやすく、壊死が進むと切断のリスクがある。けがの治療に使う人工皮膚はあるが、難治性の傷口だと感染症を起こしやすく、利用できなかった。

 研究グループは、皮膚の再生を促す細胞成長因子「bFGF」に注目。静電気を利用して成長因子を吸着し、徐々に放出する機能を人工皮膚に持たせた。医学部付属病院で2010~12年に治験を実施し、17件中16件で安全性と有効性を確かめた。

 他の種類の成長因子も吸着できるといい、森本准教授は「傷口に貼るだけなので、他の治療法とも併用して、幅広い再生医療への応用が期待できる」としている。

【 2018年04月17日 09時13分 】

ニュース写真

  • 製造が承認された新しい人工皮膚
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      新市議26人決まる 滋賀・長浜市

      20180723000020

       任期満了に伴う滋賀県長浜市議選は22日投開票され、26人の新議員が決まった。 29人が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本が台湾下し優勝、野球
      ハーレム国際

      20180723000016

       野球のハーレム国際大会は22日、オランダのハーレムで決勝が行われ、日本は台湾を5―0で..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官「保護主義でない」
      G20の結束強調

      20180723000015

       【ブエノスアイレス共同】ムニューシン米財務長官は22日、20カ国・地域(G20)財務相..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園祭後祭、24日巡行 都大路に山鉾10基

      20180723000018

       日本三大祭りの一つ、祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、京都市内で行われる。く..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]