出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

雌雄特徴持つカブトムシ発見 京都の親子、生存例少なく

雄と雌の特徴を持った「雌雄モザイク」のカブトムシ。角は1本しかなく、左側に曲がっている(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
雄と雌の特徴を持った「雌雄モザイク」のカブトムシ。角は1本しかなく、左側に曲がっている(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)

 オスとメス両方の特徴を持った珍しいカブトムシが、京都市で見つかった。「雌雄モザイク」という突然変異の一種で、専門家によるとカブトムシの報告は年間数例という。発見した親子は「たくさんの人に見てもらいたい」と、滋賀県立琵琶湖博物館(草津市)に寄贈し、12日から展示を始めた。

 京都市北区の主婦松村直子さん(29)と息子の嘉人ちゃん(3)、篤人ちゃん(2)。5月ごろから自宅で幼虫約30匹を育て、6月下旬に20匹近くが羽化した。その中に、角が曲がった1匹を見つけた。夫が雌雄モザイクについて知っており「『見つかったら面白いな』と話していたのでびっくりした」。生きている姿を大勢に見てもらおうと、27日に同博物館に届けた。

 カブトムシは体長約4センチ。本来オスには頭部と胸部に角があるが、この個体は頭部の1本しかなく、左側に曲がっている。胸部に縦の溝が入り、体の表面につやがない点はメスの特徴を現している。

 雌雄モザイクは性染色体の異常などが原因で、チョウやクワガタムシなど昆虫全般にみられる。昆虫の性差に詳しい基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)の新美輝幸教授は「一般的には数万分の1の確率で起きるといわれ、生存しているケースは少なく貴重」と言う。松村さんは「出会えてラッキー。息子たちもカブトムシがかえって喜んでいるので、自然が好きな子に育ってほしい」と話した。

 今月リニューアルした展示室「おとなのディスカバリー」で見られる。要入館料。

【 2018年07月13日 11時30分 】

ニュース写真

  • 雄と雌の特徴を持った「雌雄モザイク」のカブトムシ。角は1本しかなく、左側に曲がっている(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      「首相聞く耳持ってない」
      国会前で退陣求める集会

      20180720000002

       通常国会が事実上閉幕するのを前に、森友、加計問題などの真相解明を求める市民らが19日夜..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー乾選手「迷いなく打てた」 滋賀で祝賀会 W杯振り返る

      20180719000199

       サッカーワールドカップ(W杯)で日本の決勝トーナメント進出に貢献した乾貴士選手(30)..... [ 記事へ ]

      経済

      五山送り火と舞妓の踊り、屋上で満喫 京都新阪急ホテルがプラン

      20180719000213

       京都新阪急ホテル(京都市下京区)は、8月16日に催す「五山送り火鑑賞プラン」を販売して..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      旧三井家別邸、闇夜に浮かぶ 京都・下鴨、初の夜間公開

      20180719000200

       近代京都の和風木造建築の特徴を伝える重要文化財「旧三井家下鴨別邸」(京都市左京区)で1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ノーベル賞の大村氏記念館完成
      山梨大式典、山中氏と対談

      20180719000223

       ノーベル医学生理学賞を2015年に受賞した大村智北里大特別栄誉教授(83)の功績をたた..... [ 記事へ ]