お知らせ

事業団からのお知らせ

新春に大衆演劇はいかが?(17/12/12) NEW!



 京都新聞社会福祉事業団は、高齢者を励ます事業の一環として、来年1月12日の大衆演劇「春陽座新春公演」に75歳以上の高齢者250人を無料招待します。

 ハトヤ瑞鳳閣京料理花ごころとの共催。

 公演は1月12日(金)昼の部(午前11時30分〜午後2時20分)で、会場は京都市右京区花園木辻北町の花園会館。春陽座の澤村心二代目座長=写真右=、澤村かずま三代目座長=写真左=らによる芝居や舞踊ショーを観賞、食事が付きます。

 はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、介助者が必要な人は介助者氏名、年齢も記入し、〒604-8577(住所不要) 京都新聞社会福祉事業団「高齢者を励ます事業」係宛てに申し込む。車いすを利用されている人はその旨も記入ください。

 申し込み多数の場合は、抽選で招待者のみに入場整理券を送ります。締め切りは12月19日必着。
 問い合わせは同事業団 075(241)6186

京都新聞「歳末ふれあい募金」受付中(17/12/04) NEW!

 「助け合って温かい新年を」と願い、恒例の京都新聞歳末ふれあい募金を12月1日から受け付けています。
 皆さまの温かい善意をお寄せくださいますようお願いいたします。

  • 受付期間
    12月1日(金)〜28日(木)

  • 募金使途
     @障害のある人を支援する事業
     A配食や介助用品のプレゼントなど高齢者を励ます事業
     B子供のための事業や子育て支援事業
     C福祉施設・団体の設備品、活動を支援する事業など
     
     
  • 寄託方法
    @京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都新聞社内、京都新聞社会福祉事業団075(241)6186へ持参いただくか、
     現金書留または郵便振替(01010―1―9888)で。
     京都新聞滋賀本社、南部支社、総局・支局、京都新聞販売所でも受け付けます

    A京都銀行、京都中央信用金庫、京都信用金庫、滋賀銀行、関西アーバン銀行のご協力でに各店に設置の
     「京都新聞歳末ふれあい募金」の振込用紙もご利用ください。

     寄託金額とお名前は寄付金が届き次第、京都新聞紙上に掲載します。匿名をご希望の方はお申し出ください。

      ※本事業団への寄付金は、寄付に伴う税優遇の対象となり、個人は所得税額の控除や、
       自治体によっては住民税額控除ができるほか、法人も含めて税優遇が受けられます。


  • 協  力
    京都新聞販売連合会

京都新聞「福祉活動支援助成」受け付け(17/11/16)

 京都府・滋賀県の地域福祉向上のため、地道に活動を続けるボランティアグループや福祉施設・団体の運営、設備などに助成します。

  • 対 象
    京都府・滋賀県内に所在、または同地域を主な活動の場とし、年間を通じて組織的、計画的、継続的に活動、または活動計画のある団体

  • 運営部門
     @助成額は1件50万円まで
     A活動実績・計画が他団体の模範となり推奨できる内容であること
     B地域福祉への貢献が極めて高いと認められること

  • 設備部門
     @@助成額は1件100万円まで
     A緊急を要する設備の補充や整備で、助成により利用者や団体の活動成果が大きく期待できること
     B50万円以上の申請は自己資金を必要条件とする

  • 申請方法
    所定の申請書に記入し、必要書類を添えて提出してください。

     ●京都新聞「福祉活動支援助成」の要項はこちらから印刷できます(PDF/261KB)
     ●京都新聞「福祉活動支援助成」運営部門の申請書はこちらから印刷できます(PDF/112KB)
     ●京都新聞「福祉活動支援助成」設備部門の申請書はこちらから印刷できます(PDF/118KB)

  • 提出・問い合わせ先
    〒604-8577 京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都新聞社内、
     京都新聞社会福祉事業団「福祉活動支援」係
      075(241)6186

  • 締め切り
    12月15日(金)必着

ホームヘルプサービス活動に関する備品助成(17/10/25)

 在宅高齢者にホームヘルプサービスを行う非営利の団体、事業所などに対して介護用品や福祉用具の備品助成を行います。
 利用者に必要な時に貸し出しをしてもらうなど、経済的に困難な状況にある在宅高齢者の負担の軽減が目的です。

  • 対 象
    京都府、滋賀県内に所在し、助成を受けることにより、在宅の高齢者への福祉サービス支援が充実できる団体、事業所、ボランティアグループ
    (営利を目的とする法人が運営母体となる団体・企業は除く)

  • 助成金
    審査のうえ1団体10万円を限度に助成します。

  • 申請方法
    所定の申請書に記入し、必要書類を添えて提出してください。

     ●「ホームヘルプサービス活動に関する備品助成」の要項はこちらから印刷できます(PDF/318KB)
     ●「ホームヘルプサービス活動に関する備品助成」の申請書はこちらから印刷できます(PDF/151KB)

  • 提出・問い合わせ先
    〒604-8577 京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都新聞社内、
     京都新聞社会福祉事業団「在宅福祉サービス支援」係
      075(241)6186

  • 締め切り
    11月27日必着

京都新聞福祉ボランティアグループ「TAGW(タッグ)」の
登録ボランティアを募集
(17/04/20)

京都新聞社会福祉事業団の各種福祉事業を応援する京都新聞福祉ボランティアグループ「TAGW(タッグ)」の登録ボランティアを募集します。ボランティア活動に興味のある人は、ぜひご参加ください。

  • 対 象
    ボランティア活動に興味や関心があり、18歳以上(高校生不可)からおおむね30歳くらいまでの人。

  • 定 員
    30人程度。

  • 活動内容
    福祉事業の進行補助、参加者のサポート、イベントの準備、福祉やボランティアに関する研修や講習会の開催など。

  • オリエンテーション
    6月11日(日)午後1時半から京都新聞社で行います。

    • 京都新聞社会福祉事業団の福祉活動について
    • 講座「今、ボランティア活動に求められること」
      講師は華頂短期大幼児教育学科教授の武田康晴氏
    • 登録説明など(2時間程度)
    ※登録者を対象に7月2日に、キャンプにおける安全管理や救命講習(講師は出店知之氏・キャンプ協会公認キャンプディレクター1級、救急救命士有資格者)を行います。
  • 登録について
    希望者は、氏名、住所、電話番号を連絡のうえ、オリエンテーションにご参加ください。説明終了後に登録をします。

  • 申し込み・問い合わせ
    〒604-8577 京都市中京区烏丸通夷川上ル、京都新聞社会福祉事業団「福祉ボランティア」係 TEL075(241)6186・ファクス075(222)2515。