出版案内
福祉事業団
実験のイメージ
実験のイメージ[記事へ]

iPSでアルツハイマー予防薬 京大、組み合わせ候補発見

  • 国民生活への影響考慮し新元号発表と菅氏
    菅義偉官房長官は、新元号の発表時期に関し「国民生活への影響を考慮しながら適切に検討する」と述べた。 (09:29)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      スーパーあずさE353系試乗会
      新技術で乗り心地アップ

      20171122000041

       JR東日本は22日、東京都心と山梨県、長野県を結ぶ中央線の特急「スーパーあずさ」として..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      釜石、W杯カウントダウン始まる
      「一生に一度」盛り上げる

      20171122000037

       2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で2試合の開催が決まった岩手県釜石市は..... [ 記事へ ]

      経済

      初乗り値下げで利用者増なるか 京都府タクシー協会が懇談会

      20171122000022

       京都市域のタクシー運賃改定に向け、京都府タクシー協会は21日、消費者や労働者の代表らと..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      休館中の南座に巨大絵 顔見世の活気描く

      20171121000174

       耐震改修のため長期休館中の南座(京都市東山区)に21日、まねき看板など往年の顔見世興行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSでアルツハイマー予防薬 京大、組み合わせ候補発見

      20171122000013

       アルツハイマー病の原因物質の生産を抑制する既存薬の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所..... [ 記事へ ]

      社説2017年11月22日掲載

      トランプ米大統領が、核・ミサイル開発を進める北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定することを表明した。米本土を射程にした核搭載大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発など、北朝鮮の脅威が高まり、米議会を中心に再指定を望む声が強まっていた。やむを得ない決断だったのだろう。米政府は1988年、前年に起きた大韓航空機爆破事件を受け、北朝鮮をテロ支援国家に指定した。その後、北朝鮮は初の核実験に踏み切ったが、核実験を.. 続きを見る

      凡語2017年11月22日掲載

      今年はロシア革命から100年。その壮大な社会実験の歴史を多くのメディアが振り返っているが、政治だけでなく文化の側面を見ておくことも大事なことだ▼ロシアやスラブの文学が専門の亀山郁夫、沼野充義両氏の対談「ロシア革命100年の謎」(河出書房新社)を読むと、革命前史も含めた政治と文学の深い絡み合いが紹介されていて、学ぶことが多い▼その中で、ロシア・アバンギャルドと呼ばれる前衛芸術運動に触れている。文学や.. 続きを見る