ホーム > グルメ > おすすめこの店

素材の力生かした 食前スープが粋
割烹 祇園 ほりべ

 味にうるさい知人に紹介された店ですが、その上品なおいしい味にすっかり魅了され、仕事疲れの時などによく足を運びます。店主の堀部努さんは、祇園街にあって美味にこだわり、料理の一品一品に創意工夫を重ねている方で、味のほかに客には「どんな料理で楽しませてくれるか」という期待感もあるんです。
 メニューは、四季折々の旬の食材を織り込んだ月替わりのコース料理(昼の部3500円〜、夜の部6500円〜。どちらも7、8品)だけ。昼夜とも食前にキノコ、ゴボウ、クリなどの食材の力を生かしたスープが出ますが、これは「胃を落ち着かせて」という店主の気遣いで、特に昼の部は料理ともども女性客らに人気だそうです。夜の部では店の名物でもある季節の取り肴(さかな)「大皿盛」。今の時期はウルカ、鴨ロース、ムカゴしんじょうなど数種が盛られ、酒好きや舌の肥えた常連客らに評判です。そして最後に店自慢の季節の炊き込み土鍋ごはんで締めれば、言うことなしですね。

 当欄は今回で最終となります。長年のご愛読ありがとうございました。

◇推薦人 竹仲会計事務所所長 竹仲勲さん
■住所
京都市東山区大和大路通新橋上ル元吉町、元吉町ビル1階
■電話
075−531−3705
■営業時間
昼の部11時30分〜14時、夜の部17時30分〜21時。木曜定休。カウンター6席、テーブル席3(4人用1、2人用2)。

紙面掲載日:2009年10月26日
データ更新日:2009年10月27日   

カテゴリー

京料理
創作・和食
懐石・会席料理
寿司
おばんざい
麺類
割烹
居酒屋・ダイニング
お好み・鉄板焼
串料理
イタリア料理
フランス料理
中華料理
エスニック・各国料理
洋食・欧風料理
カフェ
焼き肉・ステーキ
その他の料理
京都新聞 電子版