出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

社説:慰安婦合意 日韓とも大人の対応を

 日本と韓国両政府が慰安婦問題の解決に向け、苦心の末に交わした合意ではないか。

 問題が再燃し、感情的対立が高まらないようにしたい。両政府には大人の対応を求める。

 前の朴槿恵政権による合意を批判し、文在寅政権が打ち出した新方針である。日本側が反発するのも、無理からぬことではないか。

 新方針は、慰安婦問題をめぐる韓国世論を強く意識しつつ、日韓関係の維持にも配慮している。このため立場によって異なる受け止めがなされる危うさがある。

 まず、心配された合意の破棄は避け、日本側に再交渉を要求しないとしたのは賢明といえる。きのうの年頭会見で文大統領は「両国間の公式的合意という事実は否定できない」と述べている。

 国家間の約束をちゃぶ台返しにすれば、国際的な信用を失いかねないのだから、当然だろう。

 一方で、「誤った問題を解決しなければならない」とも言っている。合意は否定しないが、問題があるとの表明だ。

 具体的には、慰安婦支援のため日本が拠出した10億円の扱いである。新方針は、同額を韓国が用意し、日本の拠出分は両政府で協議するとした。これでは日本の慰安婦支援の形が見えにくくなる。合意の根幹部分に関わる大きな改変ではないか。

 2015年の合意の際、カネで慰安婦像を移転させるもの、と誤解に基づく批判が高まった。こうした韓国世論をくみ、日本関与の色を薄めたかったのだろう。

 拠出金を財源にした現金支給を、合意時点で存命だった元慰安婦47人のうち36人が受け取ったか、受け取る意思を示した。こうした事実が、広く伝えられなかったのは残念だ。

 10億円の拠出は、日本政府にとっては、それまでの「道義的責任」から踏みだし、国家として責任を明確にした措置であった。忘れてはなるまい。

 新方針に対し、日本政府は抗議し、来月の韓国・平昌冬季五輪への安倍晋三首相の出席をめぐり、慎重論が政府内から出ている。

 しかし、それでは合意前の冷ややかな日韓関係に後戻りである。北朝鮮の核・ミサイル問題に対処するのに、日米韓の連携はますます重要になるというのにだ。

 文大統領は歴史問題と切り離して未来志向の日韓協力をとなえる。ただ、そこには互いの信頼が欠かせない。安倍首相とともに胸に刻み、率直に話し合ってほしい。

[京都新聞 2018年01月11日掲載]

【 2018年01月11日 11時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    国際のニュース

      政治・社会

      福田氏、6カ月減給20%
      退職金を減額、午後発表へ

      20180427000052

       財務省は27日、週刊誌のセクハラ報道を受け事務次官を辞任した福田淳一氏への対応として、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー西野代表監督が欧州出発
      酒井宏らの状況把握

      20180427000065

       サッカー日本代表の西野朗監督が27日、欧州の選手視察へ出発する前に羽田空港で取材に応じ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の大手企業、相次ぎトップ交代 任天堂は46歳古川氏

      20180426000216

       京都の大手上場企業が26日、トップ交代を相次いで発表した。ゲーム機大手の任天堂(京都市..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大河ドラマ「光秀」チャンス 京都の自治体など推進協総会

      20180427000037

       明智光秀や細川ガラシャらとゆかり深い京都府内の自治体などでつくる「NHK大河ドラマ誘致..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      彗星表面、迫力の「動画」が話題
      「エベレストか南極の谷のよ

      20180427000045

       【ワシントン共同】欧州宇宙機関(ESA)が26日までに公開した彗星表面近くの画像を、一..... [ 記事へ ]