京都新聞 こころのわ きづく つながる ささえあう

募集

広がれ「こころのわ」募集

あなたの「こころの話」

募集終了

「いじめ」「虐待」「不登校」など子どもに関する悩みを抱えながらも、その問題をどう捉え、立ち向かい、そして、乗り越えることができたか。皆さまの体験談(思い出・エピソード)を募集します。

【応募期間】

2015年12月10日~2016年8月31日(必着)

【原稿仕様】

600字程度

※作品にはタイトル(題名)を付けてください。

【応募方法】

封書かファクス、Eメールに郵便番号、住所、氏名(ペンネーム可)、年齢、電話番号を明記の上、下記事務局までお送りください。

※応募作品は返却いたしません。

【発表】

複数点を選定の上、2016年10月(予定)の当キャンペーン紙面および特設サイトで掲載させていただきます。

※京都新聞で加筆、修正する場合があります。また、人種、民族、身分、地位、地域、職業、職種、性別、病気、障害などを理由に特定の対象をひぼう、中傷するものおよびプライバシーを侵害する内容、著しく非科学的な内容などは審査の対象外となります。

※応募状況、応募いただいた作品の内容によっては、掲載しない場合があります。あらかじめご了承ください。新聞掲載の選定基準および選定方法などについてのお問い合わせは応じかねます。

「こころの和」会連携・共催団体

募集終了

子どもたちの心の問題を考え、その手助けとなる事業「こころの和」会を共に実施していただける団体を募集します。研修会や啓発イベントの実施、講師などの派遣などによって地域における取り組みを支援し、皆さまと協力して子どもたちの明るい未来につながる社会づくりを目指します。

【対象】

京都府、滋賀県内を活動拠点とする民間の非営利活動団体でNPO法人などの法人格および1年以上の活動実績を有する団体

【期間】

2016年5月1日~9月30日に実施

【応募(申請)方法】

募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

「こころの輪」授業実施校

募集終了

「いじめ」「虐待」「不登校」などの問題について考える特別授業を受け入れていただける学校を募集します。

【対象】

京都府、滋賀県内の小学校、中学校、高等学校

【期間】

2016年4月1日~9月30日に実施※実施日および実施内容については、実施希望校と調整し決定

【応募(申請)方法】

募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

【お問い合わせ・応募(申請)先】

「こころのわ」事務局(京都新聞COM内)

〒604-8567 京都市中京区烏丸通夷川上ル
Tel.075-241-6170/Fax.075-222-2200(平日午前10時〜午後5時)

keikaku@mb.kyoto-np.co.jp

ページトップへ