出版案内
福祉事業団

老舗の「幽霊子育飴」綿菓子に 京都、9月末に発売

飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)
飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)

 墓の中で赤ん坊を育てる母親の幽霊が、子どものために夜ごと飴(あめ)を買いに来る-。そんな民話に由来する京名物「幽霊子育飴」の綿菓子が完成した。飴を作る京都市東山区の老舗と、同区にある創業1年の綿菓子専門店が協力、今月末に発売を予定している。

 約500年前に創業の「みなとや」は、麦芽水飴の香ばしさを効かせた幽霊子育飴で知られる。この飴の風味を綿菓子に再現したのは、昨年8月創業のJEREMY&JEMIMAH(ジェレミー&ジェマイマ)。老舗と新店で立場は大きく異なるが、「地元に親しまれ、観光客に楽しんでもらえる商品で地域を盛り上げたい」との思いで一致したという。

 ただ、水飴を綿菓子に加工するとパリっとした食感になってしまうため、ジェレミー&ジェマイマを運営する椿森杏利沙さん(36)が、1カ月ほどかけて水飴に配合するざらめ糖の割合などに工夫を凝らし、ふんわりと口の中でとろけるような食感の綿菓子が先月末に完成した。

 パッケージも幽霊子育飴と同じデザインにこだわり、椿森さんは「老舗と新店のコラボレーションは京都ならでは」と喜ぶ。みなとや20代目店主の段塚きみ子さん(69)と、協力した段塚さんのおい高田慎一さん(35)は「若い方に人気の綿菓子を通して、私たちが伝える『命をつないだ飴』への思いをより多くの人に知ってもらえれば」と話している。

【 2017年09月14日 11時00分 】

ニュース写真

  • 飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      「どやさっ」くるよさんら観光大使に 京都府が任命

      20170922000203

       京都府は22日、今くるよさん、清水圭さん、木村祐一さんら、よしもとクリエイティブ・エー..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京大、関学大に敗れる 関西学生アメフット

      20170922000212

       アメフットの関西学生リーグは22日、西京極陸上競技場で1試合を行った。京大は関学大との..... [ 記事へ ]

      経済

      米携帯2社近く合併合意か
      ソフトバンク系が少数株主

      20170922000218

       【ニューヨーク共同】ロイター通信は22日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位のス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      100年ぶり発見の大作、鮮やか 修復終え京都で公開

      20170922000195

       明治から昭和にかけて京都画壇で活躍した日本画家木島櫻谷(このしまおうこく)(1877~..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ロボットで世代交流活性化 同女大がシステム共同開発

      20170921000198

       同志社女子大京田辺キャンパス(京都府京田辺市興戸)の学生と地域の高齢者が、世代を超えた..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      安全追求に終わりないと新委員長
      原子力規制委、更田氏が抱負

      20170922000198

       原子力規制委員会の委員長に就任した更田豊志氏は22日、記者会見で「安全追求に終わりはな..... [ 記事へ ]