出版案内
福祉事業団

老舗の「幽霊子育飴」綿菓子に 京都、9月末に発売

飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)
飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)

 墓の中で赤ん坊を育てる母親の幽霊が、子どものために夜ごと飴(あめ)を買いに来る-。そんな民話に由来する京名物「幽霊子育飴」の綿菓子が完成した。飴を作る京都市東山区の老舗と、同区にある創業1年の綿菓子専門店が協力、今月末に発売を予定している。

 約500年前に創業の「みなとや」は、麦芽水飴の香ばしさを効かせた幽霊子育飴で知られる。この飴の風味を綿菓子に再現したのは、昨年8月創業のJEREMY&JEMIMAH(ジェレミー&ジェマイマ)。老舗と新店で立場は大きく異なるが、「地元に親しまれ、観光客に楽しんでもらえる商品で地域を盛り上げたい」との思いで一致したという。

 ただ、水飴を綿菓子に加工するとパリっとした食感になってしまうため、ジェレミー&ジェマイマを運営する椿森杏利沙さん(36)が、1カ月ほどかけて水飴に配合するざらめ糖の割合などに工夫を凝らし、ふんわりと口の中でとろけるような食感の綿菓子が先月末に完成した。

 パッケージも幽霊子育飴と同じデザインにこだわり、椿森さんは「老舗と新店のコラボレーションは京都ならでは」と喜ぶ。みなとや20代目店主の段塚きみ子さん(69)と、協力した段塚さんのおい高田慎一さん(35)は「若い方に人気の綿菓子を通して、私たちが伝える『命をつないだ飴』への思いをより多くの人に知ってもらえれば」と話している。

【 2017年09月14日 11時00分 】

ニュース写真

  • 飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      今年の顔は「シャンシャン」
      神戸に世相サンタが登場

      20171121000051

       今年の顔はシャンシャン―。神戸・北野の異人館「うろこの家」に21日、1年を振り返って、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      滋賀、ホーム5連勝ならず バスケBリーグ

      20171120000171

       プロバスケットボールのBリーグは20日、ウカルちゃんアリーナで1試合を行い、滋賀レイク..... [ 記事へ ]

      経済

      ワーナー買収阻止へ提訴
      米司法省、競争阻害と主張

      20171121000007

       【ニューヨーク共同】米通信大手AT&Tが合意している米メディア・娯楽大手タイム・ワーナ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紫式部文学賞、津村記久子さんに贈呈 京都・宇治

      20171120000028

       女性作家の優れた文学作品に贈る「第27回紫式部文学賞」(京都府宇治市主催)の贈呈式が1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      火星のしま、砂の流れが模様形成
      「水ではない」とNASA

      20171121000024

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は20日、過去に火星表面で発見され、水の流れ..... [ 記事へ ]