出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

老舗の「幽霊子育飴」綿菓子に 京都、9月末に発売

飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)
飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)

 墓の中で赤ん坊を育てる母親の幽霊が、子どものために夜ごと飴(あめ)を買いに来る-。そんな民話に由来する京名物「幽霊子育飴」の綿菓子が完成した。飴を作る京都市東山区の老舗と、同区にある創業1年の綿菓子専門店が協力、今月末に発売を予定している。

 約500年前に創業の「みなとや」は、麦芽水飴の香ばしさを効かせた幽霊子育飴で知られる。この飴の風味を綿菓子に再現したのは、昨年8月創業のJEREMY&JEMIMAH(ジェレミー&ジェマイマ)。老舗と新店で立場は大きく異なるが、「地元に親しまれ、観光客に楽しんでもらえる商品で地域を盛り上げたい」との思いで一致したという。

 ただ、水飴を綿菓子に加工するとパリっとした食感になってしまうため、ジェレミー&ジェマイマを運営する椿森杏利沙さん(36)が、1カ月ほどかけて水飴に配合するざらめ糖の割合などに工夫を凝らし、ふんわりと口の中でとろけるような食感の綿菓子が先月末に完成した。

 パッケージも幽霊子育飴と同じデザインにこだわり、椿森さんは「老舗と新店のコラボレーションは京都ならでは」と喜ぶ。みなとや20代目店主の段塚きみ子さん(69)と、協力した段塚さんのおい高田慎一さん(35)は「若い方に人気の綿菓子を通して、私たちが伝える『命をつないだ飴』への思いをより多くの人に知ってもらえれば」と話している。

【 2017年09月14日 11時00分 】

ニュース写真

  • 飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      緊急性ない「相談」208万件
      警察庁まとめ、過去最多

      20180528000023

       全国の警察が2017年、110番通報とは別で、緊急対応を必要としない「相談」として取り..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      横綱鶴竜関「大きい目標だった」
      2連覇、風邪も明かす

      20180528000061

       大相撲夏場所で自身初の2場所連続制覇を果たし、5度目の優勝を飾った横綱鶴竜関(32)が..... [ 記事へ ]

      経済

      日中韓、次世代通信実用化で協力
      野田氏、担当相と会談

      20180527000109

       野田聖子総務相は27日、日本、中国、韓国3カ国の情報通信相会合に先立ち、東京都内で中国..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      派手な外見、包むノスタルジー アートユニットYotta

      20180528000060

       週末の昼下がり、大型複合施設「グランフロント大阪」前の路上で「ドーン」と大きな音が響い..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校生と大学生、息ぴったり演奏 京都で「吹奏楽の日」催し

      20180528000052

       「吹奏楽の日」と銘打ったイベントが27日、京田辺市の同志社女子大キャンパスにある新島記..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、海の生態系保護区を拡大
      国際目標達成へ

      20180528000038

       海の生物や生態系の保全を強化するため、環境省は海洋保護区を拡大する方針を決めた。28日..... [ 記事へ ]