出版案内
福祉事業団

「滋賀県独自の奨学金支援を」 首長会議、知事は消極的

奨学金の返還支援制度などについて知事や市長らが議論した滋賀県首長会議(近江八幡市・桐原小)
奨学金の返還支援制度などについて知事や市長らが議論した滋賀県首長会議(近江八幡市・桐原小)

 滋賀県知事と県内の市町長が意見交換する県首長会議が14日、近江八幡市の桐原小で開かれ、若者の県内定住に向けて大学の奨学金返還を支援する県の独自制度を求める声が相次いだ。三日月大造知事は財政負担などを理由に「制度創設には消極的だ」との考えを示した。

 平尾道雄米原市長は「大学生の多くは奨学金を借りている。地元では返済できるだけの仕事が少なく、若者が都市部に就職してしまう」と指摘。市独自で給付型奨学金を導入する考えを明らかにした上で、県の支援が必要と訴えた。長浜市長や愛荘町長らも支援制度を求めた。

 三日月知事は財政負担の重さや対象の線引きの難しさを理由に挙げ、「一つの方策だとは思うが、課題が大きい」と述べた。企業の人材確保の観点から制度導入を提案した谷畑英吾湖南市長は「県内の製造業は苦しんでいる。県はお金がかかることはしないのか」と批判した。

 長時間労働が問題となっている教員の働き方改革も議論となり、市町長から部活動指導の負担が重いとして「土日のどちらかは休みにするなど、県が思い切った指針を出すことが大切だ」などの意見が出た。

 先月下旬の台風21号で国が瀬田川洗堰を全閉したことを受け、宮本和宏守山市長は「大戸川ダムを整備すれば全閉を防げる。県として前向きな意思表示をしてほしい」と迫った。三日月知事は「ダムを設置するだけで全閉は回避できない。大戸川流域への効果は一定あり、県として必要な検討をしていく」と述べるにとどめた。

【 2017年11月15日 09時28分 】

ニュース写真

  • 奨学金の返還支援制度などについて知事や市長らが議論した滋賀県首長会議(近江八幡市・桐原小)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      浅田真央さん、軽く皇居1周
      姉の舞さんと一緒に

      20171124000136

       ことし現役を引退したフィギュアスケートの浅田真央さんが24日、プレミアムフライデー推進..... [ 記事へ ]

      経済

      ハウスがカレー14万個回収
      樹脂片が混入した可能性

      20171124000123

       ハウス食品グループ本社は24日、ハウス食品が販売するレトルトカレーに樹脂片が混入した可..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園小唄「舞妓として必須」 京都で歌碑に献花

      20171124000013

       京都の四季の風情や舞妓の心情を詠み、花街で親しまれ続ける歌舞曲をたたえる祇園小唄祭が2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]

      国際

      中国の高級幼稚園で虐待
      教諭が針を刺し、薬物飲ませる

      20171124000137

       【北京共同】北京市の富裕層の子供が通う幼稚園で、教諭が園児に繰り返し針を刺し、成分不明..... [ 記事へ ]