出版案内
福祉事業団

社説:カヌー薬物投入 正々堂々と戦うべきだ

 2020年の東京五輪に出場するため、カヌー選手がライバルの飲み物に禁止薬物を投入したことが発覚した。

 何の落ち度もない他人を陥れようとする卑劣な行為で、まったく許し難い。スポーツの祭典である五輪を目指す選手に、正々堂々と戦うスポーツマンシップが欠けていたのは、誠に残念である。

 問題の行為は、昨年9月に石川県で開かれたカヌーのスプリント日本選手権であった。

 福島県協会所属の鈴木康大選手(32)が、五輪代表の座を争う小松正治選手(25)のドリンクボトルに、禁止薬物を含むサプリメントの錠剤を砕いて投入した。

 小松選手はレース終了後のドーピング検査で陽性反応を示し、身に覚えがないと訴えたものの、暫定的に資格停止処分となった。

 そのままでは、五輪への道が閉ざされていただろう。鈴木選手が薬物投入を認めたことは、せめてもの救いといえる。

 鈴木選手は、第一人者だった時期もあるが、これまで五輪出場を果たせなかった。昨年のレースでは小松選手に後れを取り、焦りがあった、とみられている。

 五輪出場だけが、競技を続ける目的になっていたのではないか。そうした考えに、固執してはならなかった。

 投入が発覚し、日本アンチ・ドーピング機構から、8年間の資格停止処分を科された。選手生命は、ほぼ絶たれるが、事の重大さから仕方なかろう。

 ほかにも、内外の大会で起きた用具の破損など妨害行為の一部で関与を認め、警察にも相談がなされている。問題となる行為はすべて明らかにし、粛々と処分を受けてもらいたい。

 今回の問題で、日本のスポーツ界全体が大きな衝撃を受けた。

 禁止薬物を、自ら使うのではなく、他人にドーピング違反をさせる目的で用いた国内では珍しいケースで、今後、どの競技においても発生しかねないからだ。

 日本カヌー連盟は、主催する大会では「ドリンク保管所」を設けて監視することを決めたが、それだけでは防ぎ切れまい。封の切ってあるものは飲まないといった意識を選手に徹底させる必要がある。

 来月開かれる平昌冬季五輪では、組織的にドーピング問題を起こしたロシア選手団が除外される。ドーピングに対する視線は国際的に、ますます厳しくなっており、2年後の東京五輪に向けて、さらなる対策を求めたい。

[京都新聞 2018年01月11日掲載]

【 2018年01月11日 11時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      J1川崎の谷口が雪辱誓う
      2月10日ゼロックス杯へ

      20180124000131

       昨季のJ1で初優勝した川崎と、天皇杯全日本選手権を制したC大阪が対戦する富士ゼロックス..... [ 記事へ ]

      経済

      米FRB、3月利上げを議論へ
      30日から連邦公開市場委員会

      20180124000111

       【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は30日から2日間、金融政策を議論する..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幻のチャーリー・チェイス映画発見 米喜劇俳優、京都で

      20180124000125

       戦前の無声映画の発掘や復元を進めている「おもちゃ映画ミュージアム」(京都市中京区壬生馬..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      思い出の校舎、見納めで開放 京都・宮津小

      20180124000084

       宮津小(京都府宮津市外側)の新校舎建設に伴って解体される北校舎の「見納め開放」が28日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      山中教授「所長の職果たす」 iPS論文不正で謝罪 

      20180124000128

       京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授が24日、京都市内で講演した。 同研究所の助教に..... [ 記事へ ]

      国際

      メラニア夫人ダボス会議同行せず
      米メディアが報じた醜聞影響

      20180124000120

       【ワシントン共同】複数の米メディアは23日、トランプ大統領のメラニア夫人が、トランプ氏..... [ 記事へ ]