出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

社説:カヌー薬物投入 正々堂々と戦うべきだ

 2020年の東京五輪に出場するため、カヌー選手がライバルの飲み物に禁止薬物を投入したことが発覚した。

 何の落ち度もない他人を陥れようとする卑劣な行為で、まったく許し難い。スポーツの祭典である五輪を目指す選手に、正々堂々と戦うスポーツマンシップが欠けていたのは、誠に残念である。

 問題の行為は、昨年9月に石川県で開かれたカヌーのスプリント日本選手権であった。

 福島県協会所属の鈴木康大選手(32)が、五輪代表の座を争う小松正治選手(25)のドリンクボトルに、禁止薬物を含むサプリメントの錠剤を砕いて投入した。

 小松選手はレース終了後のドーピング検査で陽性反応を示し、身に覚えがないと訴えたものの、暫定的に資格停止処分となった。

 そのままでは、五輪への道が閉ざされていただろう。鈴木選手が薬物投入を認めたことは、せめてもの救いといえる。

 鈴木選手は、第一人者だった時期もあるが、これまで五輪出場を果たせなかった。昨年のレースでは小松選手に後れを取り、焦りがあった、とみられている。

 五輪出場だけが、競技を続ける目的になっていたのではないか。そうした考えに、固執してはならなかった。

 投入が発覚し、日本アンチ・ドーピング機構から、8年間の資格停止処分を科された。選手生命は、ほぼ絶たれるが、事の重大さから仕方なかろう。

 ほかにも、内外の大会で起きた用具の破損など妨害行為の一部で関与を認め、警察にも相談がなされている。問題となる行為はすべて明らかにし、粛々と処分を受けてもらいたい。

 今回の問題で、日本のスポーツ界全体が大きな衝撃を受けた。

 禁止薬物を、自ら使うのではなく、他人にドーピング違反をさせる目的で用いた国内では珍しいケースで、今後、どの競技においても発生しかねないからだ。

 日本カヌー連盟は、主催する大会では「ドリンク保管所」を設けて監視することを決めたが、それだけでは防ぎ切れまい。封の切ってあるものは飲まないといった意識を選手に徹底させる必要がある。

 来月開かれる平昌冬季五輪では、組織的にドーピング問題を起こしたロシア選手団が除外される。ドーピングに対する視線は国際的に、ますます厳しくなっており、2年後の東京五輪に向けて、さらなる対策を求めたい。

[京都新聞 2018年01月11日掲載]

【 2018年01月11日 11時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      フェド杯、日本は英国と1勝1敗
      女子テニス国別対抗戦、大坂

      20180421000070

       女子テニスの国別対抗戦、フェド杯ワールドグループ(WG)2部入れ替え戦の日本―英国は2..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、201ドル安
      アップルが下げ主導

      20180421000005

       【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      主題歌も京都発バンド 「リズと青い鳥」声優に本田望結も

      20180421000026

       京都アニメーション(京都府宇治市、通称京アニ)の新作映画「リズと青い鳥」が21日から全..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]