出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

コラム凡語:葉物野菜の高騰

 昨年暮れからハクサイやネギなど葉物野菜の高騰が続いている。ハクサイは1個丸ごとでは値が張りすぎると、4分の1サイズが店頭に並ぶ。本格化する家庭の鍋料理への影響が心配される▼葉物野菜高騰の背景には晩秋の台風被害と長雨、気温の低下があるという。野菜の値上がりは冬場の恒例とはいえ、天候不順がすぐに市場価格に跳ね返る主要産地の固定化は問題だ▼ミツカンは毎年、鍋メニューに関する「鍋定期調査」をしている。鍋シーズンに家で食べる鍋は平均17回、月3回程度だという。好きな鍋では、すき焼き・牛鍋が各世代の支持を集めた▼実際に一番多く調理したのは、しょうゆ味の鍋だそうだ。「野菜がおいしく食べられる」「さっぱり食べられる」が理由だった。鍋食全体でも、「野菜がたくさん食べられる」が首位だった▼国は成人の1日の野菜摂取量を350グラムとしているが、男女とも3~4割しか食べていない。ただでさえ、冬場には野菜を多くとりにくい。野菜類は煮込めばかさも減り、食べやすい▼日本気象協会の気象情報に鍋もの指数がある。予想気温と風速、体感湿度から算出する。人は気温が低く、空気が乾燥すると鍋料理が恋しくなる。強い冷え込みのここ数日、指数は満点近くになる。葉物野菜の高騰がうらめしい。

[京都新聞 2018年01月11日掲載]

【 2018年01月11日 16時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ジュニアレスリング優勝の海洋高3年今井さん「次は全日本V」

      20180426000051

       今月に行われた20歳以下のレスリングの全国大会で、京都府宮津市の海洋高3年の今井佑海(..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 川重冷熱工業

      20180426000070

      ■ボイラー不振で減益 主力の空調機器は設置工事付きの案件が減少し、ボイラー事業の不振も響..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      名建築「聴竹居」で新緑めでる会 京都・大山崎で28日

      20180426000066

       昭和初期の名建築として知られる重要文化財「聴竹居」(京都府大山崎町大山崎)で28日午前..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]

      国際

      長崎の被爆者が核廃絶を訴え
      原発事故32年のチェルノブイリ

      20180426000041

       【スラブチチ共同】旧ソ連ウクライナで1986年に起きたチェルノブイリ原発事故から26日..... [ 記事へ ]