出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

役所開庁時間の短縮検討 大津市、職員残業の削減狙う

職員の働き方改革として、開庁時間の短縮が検討されている大津市役所
職員の働き方改革として、開庁時間の短縮が検討されている大津市役所

 大津市は、職員の時間外勤務を削減する働き方改革の一環として、市役所の開庁時間を短縮する検討を始めた。朝夕の計45分間を想定しており、早ければ2019年度に導入する。市によると、実現すれば滋賀県の自治体で初の試みとなるが、市民サービスが低下する懸念もあり、市は庁舎利用者の実態調査を実施し、1年間かけて短縮が可能か判断する。

 大津市職員の勤務時間は午前8時40分~午後5時25分で、開庁時間も同じ。証明書発行などの窓口部署は準備や片付け、市民対応のため、実際に働くのはより長くなる。今回は勤務時間はそのままに、開庁時間を午前9時~午後5時と変更して、職員の早出、遅帰りを減らす狙いだ。

 市によると、支所を含む証明書発行の対応件数は午前8時台が全体の2・9%、午後5時以降は3・5%という。市は「市民への影響は少ない」とするが、生活保護受給者や事業者が担当課を訪問することもある。

 残業代の削減について、市は窓口部署だけで年間約450万円と試算する。ただ、実際には準備時間などを残業申請するケースは少ない。市財政への波及効果は大きく見込めないが、市は「勤務時間が終わってすぐ帰れるようになれば、職員のワークライフバランスが改善する」と期待する。

 市は今年3月までに、朝夕に庁舎を利用する人の数や目的を調査。18年度に課題を検討し、支所を含めて短縮が可能か決める。

 市によると、大津市と同じ中核市では大阪府豊中市など全国の6市で開庁時間を勤務時間より短縮しているが、逆に開庁時間の方が長い自治体も7市あるという。

【 2018年01月11日 17時00分 】

ニュース写真

  • 職員の働き方改革として、開庁時間の短縮が検討されている大津市役所
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー西野代表監督が欧州出発
      酒井宏らの状況把握

      20180427000065

       サッカー日本代表の西野朗監督が27日、欧州の選手視察へ出発する前に羽田空港で取材に応じ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の大手企業、相次ぎトップ交代 任天堂は46歳古川氏

      20180426000216

       京都の大手上場企業が26日、トップ交代を相次いで発表した。ゲーム機大手の任天堂(京都市..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大河ドラマ「光秀」チャンス 京都の自治体など推進協総会

      20180427000037

       明智光秀や細川ガラシャらとゆかり深い京都府内の自治体などでつくる「NHK大河ドラマ誘致..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      彗星表面、迫力の「動画」が話題
      「エベレストか南極の谷のよ

      20180427000045

       【ワシントン共同】欧州宇宙機関(ESA)が26日までに公開した彗星表面近くの画像を、一..... [ 記事へ ]

      国際

      米、ポンペオ氏訪朝の写真公開
      金正恩氏と握手

      20180427000022

       【ワシントン共同】米ホワイトハウスは26日、ポンペオ氏が中央情報局(CIA)長官として..... [ 記事へ ]