出版案内
福祉事業団

乗車中事故死者、ベルトで8割助命可能性 滋賀県警分析

 滋賀県内で2017年、乗車中に事故死した人のうち、シートベルトを着用していれば8割が助かっていた可能性のあることが、県警の分析で分かった。前年は約4割で大幅に増えた。県内着用率は全国平均以下となっており、県警は着用の徹底を呼び掛けている。

 県警によると、17年は車に乗って事故死した21人中、11人がシートベルト非着用だった。内訳は運転席6人、助手席3人、後部座席2人で、県警が事故状況を分析したところ、うち9人が着用していれば胸部や腹部を強打したり、車外に投げ出されたりせずに一命を取り留めた可能性があった。16年は44・4%、15年は84・6%、14年は66・7%、13年は50%だった。

 警察庁と日本自動車連盟(JAF)が実施した17年の全国調査では、滋賀は一般道でのシートベルト着用率が運転席98・2%(全国38位)、助手席94・2%(同34位)といずれも全国平均を下回った。後部座席は全国平均を上回る44・6%(同9位)だった。

 県警交通企画課は「救える命があると着用の重要性を訴え、徹底を推進していく」としている。

【 2018年01月12日 17時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      北朝鮮が五輪参加中止示唆
      金正恩氏写真点火に反発

      20180123000080

       【北京共同】北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会は23日、韓国の保守団体が22日..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値2万4037円
      一時バブル崩壊後の最高値に迫

      20180123000071

       23日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日の米株高を好感して続伸し、取引..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      竹細工の戌が参拝者出迎え 京都・子守勝手神社

      20180123000062

       子守勝手神社(京都府長岡京市粟生)の境内に今年の干支(えと)の戌(いぬ)をかたどった竹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      劇団四季の俳優、発声法を指導 京都の小学校で話し方教室

      20180123000059

       京都府京丹波町橋爪の瑞穂小で22日、劇団四季の俳優による「美しい日本語の話し方教室」が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖のカイツブリ、ヨシ帯なくても樹木で営巣 県民調査で判明

      20180123000033

       滋賀の県鳥として琵琶湖で親しまれているカイツブリは、営巣に適したヨシ帯のないところでも..... [ 記事へ ]

      国際

      米、自由の女神に客足戻る
      観光客、正常化に安堵

      20180123000015

       【ニューヨーク共同】米連邦政府機関の一部閉鎖で業務が停止していたニューヨークの観光名所..... [ 記事へ ]