出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

標高低い山での遭難急増 京都市近郊「過信せず準備を」

人気の「京都一周トレイル」の案内看板。登山道と異なる脇道が右奥に続く(京都市西京区・松尾山)
人気の「京都一周トレイル」の案内看板。登山道と異なる脇道が右奥に続く(京都市西京区・松尾山)

 京都市近郊にある標高の低い山で、登山者の遭難が急増している。2017年の京都府内での遭難は過去10年で最多の46件あり、うち9割は京都市近郊の山で発生した。近年の登山ブームで、準備不足のまま入山する人が増えているのが要因で、専門家は「低い山でも過信せず、ゆとりを持って登山計画を立ててほしい」と注意を呼び掛けている。

 17年11月下旬の昼すぎ、上京区の70代夫婦が西京区の松尾山(標高275メートル)を訪れた。2時間ほどで下山する予定だったため、非常食や防寒着は用意していなかった。道中、他の登山者から保津峡に抜ける登山道を紹介され、ルートを変更。しかし、日没とともに登山道は暗闇に包まれ、獣道に迷い込んだ。

 深夜、家族の通報を受けて捜索に来た西京署員らと合流。ともに山中で一夜を過ごし、翌朝、下山した。2人は登山歴30年のベテランで「地図があるので帰れると思った」と話したという。

 京都府警によると、17年の府内の山岳遭難件数は46件で前年の約3倍に上った。遭難場所の9割が京都市近郊の低山で、大文字山(466メートル)が最多の10件、愛宕山(924メートル)が4件、小倉山(296メートル)と貴船山(700メートル)が3件で続いた。特に、人気の「京都一周トレイル」コースに集中していた。

 府山岳連盟(南区)の湯浅誠二理事長によると、近年は登山を愛好する中高年が増え、低山の人気も高いという。しかし、低山には登山道以外の獣道や脇道が多いなど、高山とは異なる危険がある。「目印となる場所や案内看板を小まめに確認することが大事。日暮れ時に道に迷うケースも目立っており、慢心せず、早めの入山を心掛けてほしい」と話す。

 昨年遭難した全員が登山届を警察に提出していなかった。登山届はルート確認や装備品の点検ができる上、万一の際の効率的な捜索にもつながる。府警ホームページからも提出できる。府警地域課は「携帯電話が通じなかったり、電池が切れたりして、通報できない場合がある。身近な山でも、登山届は提出してほしい」としている。

【 2018年01月12日 18時30分 】

ニュース写真

  • 人気の「京都一周トレイル」の案内看板。登山道と異なる脇道が右奥に続く(京都市西京区・松尾山)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ジュニアレスリング優勝の海洋高3年今井さん「次は全日本V」

      20180426000051

       今月に行われた20歳以下のレスリングの全国大会で、京都府宮津市の海洋高3年の今井佑海(..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 川重冷熱工業

      20180426000070

      ■ボイラー不振で減益 主力の空調機器は設置工事付きの案件が減少し、ボイラー事業の不振も響..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      名建築「聴竹居」で新緑めでる会 京都・大山崎で28日

      20180426000066

       昭和初期の名建築として知られる重要文化財「聴竹居」(京都府大山崎町大山崎)で28日午前..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]

      国際

      長崎の被爆者が核廃絶を訴え
      原発事故32年のチェルノブイリ

      20180426000041

       【スラブチチ共同】旧ソ連ウクライナで1986年に起きたチェルノブイリ原発事故から26日..... [ 記事へ ]