出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

全国唯一「魚アラ再資源化」挫折 京都、赤字続き施設廃止へ

京都市が2018年度末で廃止する方針を決めた「魚アラリサイクルセンター」(京都市伏見区)
京都市が2018年度末で廃止する方針を決めた「魚アラリサイクルセンター」(京都市伏見区)

 京都市は、自治体が直営する魚アラの再資源化施設としては全国で唯一の「京都市魚(うお)アラリサイクルセンター」(伏見区横大路)を2018年度末で廃止する方針を決めた。ごみ削減に向け、魚のアラを家畜飼料用の魚粉などにリサイクルして販売してきたが、近年は赤字が続いていた。「市外の民間事業者に任せられる環境になったため」(環境政策局)としているが、約21億円かけて整備した施設が10年余りで役目を終えることに見通しの甘さを指摘する声もある。

 市によると、市内の市場やスーパーなどから排出される魚の頭や骨などのアラは、1975年ごろまで複数の民間事業者が処理施設を操業していた。しかし悪臭対策が不十分で近隣住民から苦情が寄せられていたほか、安い魚粉の輸入も増加し、約30年前に経営破綻が続出した。

 市は1995年に市内唯一となっていた民間施設を買収して悪臭対策を進め、魚アラの排出事業者、収集運搬業者、地元代表らの協議会による運営に転換させた。老朽化を受けて2008年に市が直営施設に建て替えた。ところが直後に機械の不調が続き、53日間操業停止となり、対策工事に9千万円かかった。

 市によると、年9900トンの処理能力に対して近年の搬入量は4500トンほどで推移し、収支は毎年1億~2億円の赤字が続いていた。

 市は、今後改修経費が必要になることや魚粉価格の安定で大阪などの民間事業者への搬入が可能になったとして、廃止を決めた。施設や跡地の活用法は未定。

 市議会には、計画段階の投資効果などの見方を疑問視する意見もある。市施設管理課は「アラを市内で処理するために運営を続けてきたが、状況が変わった。今後は市内での収集などに関する仕組みを関係業者と構築したい」としている。

【 2018年01月13日 08時40分 】

ニュース写真

  • 京都市が2018年度末で廃止する方針を決めた「魚アラリサイクルセンター」(京都市伏見区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ジュニアレスリング優勝の海洋高3年今井さん「次は全日本V」

      20180426000051

       今月に行われた20歳以下のレスリングの全国大会で、京都府宮津市の海洋高3年の今井佑海(..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 川重冷熱工業

      20180426000070

      ■ボイラー不振で減益 主力の空調機器は設置工事付きの案件が減少し、ボイラー事業の不振も響..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      名建築「聴竹居」で新緑めでる会 京都・大山崎で28日

      20180426000066

       昭和初期の名建築として知られる重要文化財「聴竹居」(京都府大山崎町大山崎)で28日午前..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]

      国際

      長崎の被爆者が核廃絶を訴え
      原発事故32年のチェルノブイリ

      20180426000041

       【スラブチチ共同】旧ソ連ウクライナで1986年に起きたチェルノブイリ原発事故から26日..... [ 記事へ ]