出版案内
福祉事業団

全国唯一「魚アラ再資源化」挫折 京都、赤字続き施設廃止へ

京都市が2018年度末で廃止する方針を決めた「魚アラリサイクルセンター」(京都市伏見区)
京都市が2018年度末で廃止する方針を決めた「魚アラリサイクルセンター」(京都市伏見区)

 京都市は、自治体が直営する魚アラの再資源化施設としては全国で唯一の「京都市魚(うお)アラリサイクルセンター」(伏見区横大路)を2018年度末で廃止する方針を決めた。ごみ削減に向け、魚のアラを家畜飼料用の魚粉などにリサイクルして販売してきたが、近年は赤字が続いていた。「市外の民間事業者に任せられる環境になったため」(環境政策局)としているが、約21億円かけて整備した施設が10年余りで役目を終えることに見通しの甘さを指摘する声もある。

 市によると、市内の市場やスーパーなどから排出される魚の頭や骨などのアラは、1975年ごろまで複数の民間事業者が処理施設を操業していた。しかし悪臭対策が不十分で近隣住民から苦情が寄せられていたほか、安い魚粉の輸入も増加し、約30年前に経営破綻が続出した。

 市は1995年に市内唯一となっていた民間施設を買収して悪臭対策を進め、魚アラの排出事業者、収集運搬業者、地元代表らの協議会による運営に転換させた。老朽化を受けて2008年に市が直営施設に建て替えた。ところが直後に機械の不調が続き、53日間操業停止となり、対策工事に9千万円かかった。

 市によると、年9900トンの処理能力に対して近年の搬入量は4500トンほどで推移し、収支は毎年1億~2億円の赤字が続いていた。

 市は、今後改修経費が必要になることや魚粉価格の安定で大阪などの民間事業者への搬入が可能になったとして、廃止を決めた。施設や跡地の活用法は未定。

 市議会には、計画段階の投資効果などの見方を疑問視する意見もある。市施設管理課は「アラを市内で処理するために運営を続けてきたが、状況が変わった。今後は市内での収集などに関する仕組みを関係業者と構築したい」としている。

【 2018年01月13日 08時40分 】

ニュース写真

  • 京都市が2018年度末で廃止する方針を決めた「魚アラリサイクルセンター」(京都市伏見区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      テニスの錦織、復帰戦へ最終調整
      ツアー下部大会の会場で練習

      20180123000068

       【ロサンゼルス共同】右手首故障のため戦列を離れている男子テニスの錦織圭(日清食品)が2..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値2万4037円
      一時バブル崩壊後の最高値に迫

      20180123000071

       23日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日の米株高を好感して続伸し、取引..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      竹細工の戌が参拝者出迎え 京都・子守勝手神社

      20180123000062

       子守勝手神社(京都府長岡京市粟生)の境内に今年の干支(えと)の戌(いぬ)をかたどった竹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      劇団四季の俳優、発声法を指導 京都の小学校で話し方教室

      20180123000059

       京都府京丹波町橋爪の瑞穂小で22日、劇団四季の俳優による「美しい日本語の話し方教室」が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖のカイツブリ、ヨシ帯なくても樹木で営巣 県民調査で判明

      20180123000033

       滋賀の県鳥として琵琶湖で親しまれているカイツブリは、営巣に適したヨシ帯のないところでも..... [ 記事へ ]

      国際

      米、自由の女神に客足戻る
      観光客、正常化に安堵

      20180123000015

       【ニューヨーク共同】米連邦政府機関の一部閉鎖で業務が停止していたニューヨークの観光名所..... [ 記事へ ]