出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

チェルノブイリの健康被害、実態語る 大津で広河隆一さん

チェルノブイリと福島の原発事故について講演した広河隆一さん(大津市本丸町・市生涯学習センター)
チェルノブイリと福島の原発事故について講演した広河隆一さん(大津市本丸町・市生涯学習センター)

 チェルノブイリと福島県の原発事故を取材するフォトジャーナリスト広河隆一さん(74)の講演会が11日、大津市本丸町の市生涯学習センターであった。福島第1原発事故から7年を迎える中、チェルノブイリの子どもたちが甲状腺がんの健康被害に苦しんだ実態を写真を投影して語った。

 広河さんは1986年に起きたチェルノブイリ事故の数年後に現地入りした。原発から60キロ離れた村で放射線量を測ると、原発から200メートルの場所と同等の高い数値が出た。政府の科学者は住民に「ここは安全です」とだけ言い、線量は告げていなかった。

 取材や救援活動で甲状腺がんを患う子どもに出会った。事故10年後に発症したウクライナの14歳の少女に欲しいものを問うと、「(痛み止めの)モルヒネ。眠れる時間が欲しい」と話し、写真を撮影した2カ月後、死亡したという。

 広河さんは「チェルノブイリでは政府や原発業界側の医学者が、甲状腺がんと放射能の因果関係を否定する研究発表をした。加害者は必ず被害者を隠そうとする」と教訓を伝えた。

 講演は、大飯原発(福井県おおい町)の再稼働に反対する市民団体などが主催した「原発のない社会へ 2018びわこ集会」の一環で開かれた。市民約350人が耳を傾けた。

【 2018年03月11日 23時20分 】

ニュース写真

  • チェルノブイリと福島の原発事故について講演した広河隆一さん(大津市本丸町・市生涯学習センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      Dバックス平野、21試合無失点
      パイレーツ戦の八回封じる

      20180623000058

       【ピッツバーグ共同】米大リーグは22日、各地で行われ、ダイヤモンドバックスの平野はピッ..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]