出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

社説:HIV世論調査 正しく認識して対応を

 内閣府が実施したエイズウイルス(HIV)に関する世論調査の結果が明らかになった。HIVに感染しても発症前に治療を始めれば健康な人と同じように過ごせるが、5割を超える人がエイズについて「死に至る病」と回答するなど誤った認識を持っていた。

 HIVに対してあらためて正しい知識を身に付け、感染予防や早期の治療につなげる必要がある。

 調査は1月に全国の18歳以上の男女3千人を対象に行い、1671人が回答した。

 エイズを完治する薬はないが、1日に少量の服薬でウイルスの増殖を抑えられる。しかし、エイズに対する印象についての質問(複数回答)では、「死に至る病」との回答が52%で最多だった。「原因不明で治療法がない」34%、「特定の人たちにだけ関係のある病気」20%、「毎日大量の薬を飲まなければならない」14%など他にも誤答が目立った。

 感染の原因に関しては、「無防備な性行為」85%、「注射器の回し打ち」74%、「カミソリや歯ブラシの共用」44%と正しい答えが多かった。ただ、「蚊の媒介」25%、「軽いキス」17%など誤って認識している人もいた。

 さらに問題なのは、京都、滋賀を含む各地の保健所などが行っている匿名、無料のHIV検査について、「知っている」と答えた人が52%にとどまった点だ。18~29歳では44%だった。

 HIVに感染すると、数週間以内にインフルエンザに似た症状が出ることがあるが、その後は自覚症状のない時期が数年続き、さらに進行すると抵抗力(免疫)が低下し、本来なら自分の力で抑えることができる病気などを発症するようになる。

 厚生労働省によると、国内では毎年約1500人の感染が新たに判明している。このうち約3割が発症しているという。

 感染したかもしれないと感じたら、まず保健所などで検査を受けることが大切だ。感染がわかった場合は、早く治療を始めることができる。周囲に感染を広げるリスクを減らすためにも、早期の発見が欠かせない。

 調査では7割の人がHIV検査を受けやすくするために「匿名・無料で受けられることの周知」が重要と回答した。政府と自治体はHIVに関する正しい知識の普及に努めるとともに、保健所で実施している夜間や休日を含めた検査について、さらにアピールに力を入れるべきだ。

[京都新聞 2018年03月12日掲載]

【 2018年03月12日 11時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      NPB、誤審で謝罪
      オリックスは試合続行を要望

      20180623000072

       22日のオリックス―ソフトバンク10回戦の試合後に審判団が誤審を認めたことを受け、日本..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]