出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

元職員の再採用制度導入へ 滋賀県18年度組織改正

 滋賀県は12日、県民の健康寿命の延伸を目指す施策を部局横断的に担う「健康しが企画室」を新設する2018年度組織改正を発表した。4月の人事異動に際し、介護や育児などの事情でやむを得ず退職した元職員を再採用する「キャリアリターン制度」を導入する方針も明らかにした。

 組織改正では、18年度当初予算案で重点政策に掲げた「健康しが」実現に向け、健康医療福祉部健康寿命推進課内に健康しが企画室を置き、室長の下に事業推進係と健康科学情報係(ともに4人体制)を設ける。

 三日月大造知事は「自分らしく生き生きと暮らすには何が必要か。健康寿命延伸のためのデータやリハビリ推進体制の整備を図り、県民の健康意識の改善につなげたい」と述べた。

 昨年10月に東京・日本橋に開設した情報発信拠点「ここ滋賀」は、県産品の販売促進につなげるため県内事業者や観光団体とのつながりを持つ商工観光労働部観光交流局の地方機関とし、局内に「ここ滋賀推進室」(3人)を設置し、他部局との連携も強化する。

 24年滋賀国体・全国障害者スポーツ大会に備えた体制強化として、県民生活部スポーツ局に4係を増設するほか、土木交通部内に(仮称)彦根総合運動公園整備などを手掛ける「公園緑地室」を設置する。

 知事部局は3室増え、9部局5局56課42室となる。国体準備や公共事業対応などのため定数は17年度に続いて17人増員する。

 人事異動では県庁内の「働き方改革」を重視し、職員のワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)に配慮できる人材を管理職に登用するほか、勤務時間の間隔をおおむね11時間確保するよう、原則として午後10時以降の時間外勤務を行わないようにする。

 キャリアリターン制度は、県庁で5年以上働き、10年以内に介護や育児などを理由に退職した元職員に採用試験の門戸を広げ、人材確保につなげる。

【 2018年03月12日 23時04分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      競泳、小関が100平で日本新
      北島の記録上回る

      20180618000023

       競泳の欧州グランプリは17日、モナコで行われ、男子100メートル平泳ぎ決勝で小関也朱篤..... [ 記事へ ]

      経済

      日本全国の米ずらり 京都BALにAKOMEYA、7月開店

      20180617000128

       コメを中心に食品や雑貨を販売する「AKOMEYA(アコメヤ) TOKYO」が7月7日、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      子どもら「おいしいお米に」 石清水八幡宮で御田植祭

      20180618000026

       石清水八幡宮(京都府八幡市八幡)の御田植祭が17日、木津川沿いの水田で営まれた。強い日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「宇宙、懐かしい感じした」 山崎直子さん、京都で講演

      20180617000021

       日本人女性2人目の宇宙飛行士、山崎直子さん(47)を招いた講演会が16日、京都市左京区..... [ 記事へ ]

      国際

      米で銃乱射、20人負傷
      芸術祭会場、容疑者死亡

      20180617000140

       【ニューヨーク共同】米東部ニュージャージー州トレントンの芸術祭会場で17日午前2時45..... [ 記事へ ]