出版案内
福祉事業団

新スーパー開店、にぎわい再び 大津中心部、商店街に店戻る

開店を待ちわび、列をつくる買い物客ら(大津市長等2丁目)
開店を待ちわび、列をつくる買い物客ら(大津市長等2丁目)

 大津市長等2丁目の菱屋町商店街にこのほど、平和堂の食品スーパー「フレンドマート大津なかまち店」がオープンした。新たな核となる商業施設の誕生に、開店前から大勢の買い物客が列をつくった。市の中心市街地にある同商店街の加盟店主らは「かつてのにぎわいが戻る」と期待を寄せている。

 同商店街によると、西友大津店が2015年4月に閉店した後、通行者が3分の1に落ち込み、加盟店舗もピーク時の50店舗から一時は33店舗まで減ったという。

 周辺の商店街も影響を受けた。15年1月に発足したまちづくり会社「百町物語」は、近隣商店街の空き店舗に有名洋菓子店など9店舗を誘致したが、開店時期と西友大津店の閉店時期が重なり、にぎわいは鈍った。

 しかし、15年8月に商店街や百町物語、大津商工会議所などの要請を受けた平和堂が西友跡地にスーパー出店を表明すると状況は一変。菱屋町商店街振興組合の寺田武彦理事長(64)は「フレンドマートの出店で加盟店が40店舗まで持ち直した。ほかにも打診があり、ピーク時の50店舗までテナントがほぼ埋まりそう」と語る。

 この日、開店時刻の午前9時半前には大勢の住民が列をなした。近所の主婦中川美代さん(68)は「この2年間は、買い物難民のような気分だった。近くにスーパーがあるのは幸せ」と喜んだ。平和堂の平松正嗣社長は「開店前から『頑張って』という声を数多くいただいてきた。期待に応えていきたい」と気を引き締めた。

【 2017年09月11日 09時07分 】

ニュース写真

  • 開店を待ちわび、列をつくる買い物客ら(大津市長等2丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      「どやさっ」くるよさんら観光大使に 京都府が任命

      20170922000203

       京都府は22日、今くるよさん、清水圭さん、木村祐一さんら、よしもとクリエイティブ・エー..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京大、関学大に敗れる 関西学生アメフット

      20170922000212

       アメフットの関西学生リーグは22日、西京極陸上競技場で1試合を行った。京大は関学大との..... [ 記事へ ]

      経済

      米携帯2社近く合併合意か
      ソフトバンク系が少数株主

      20170922000218

       【ニューヨーク共同】ロイター通信は22日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位のス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      100年ぶり発見の大作、鮮やか 修復終え京都で公開

      20170922000195

       明治から昭和にかけて京都画壇で活躍した日本画家木島櫻谷(このしまおうこく)(1877~..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ロボットで世代交流活性化 同女大がシステム共同開発

      20170921000198

       同志社女子大京田辺キャンパス(京都府京田辺市興戸)の学生と地域の高齢者が、世代を超えた..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      安全追求に終わりないと新委員長
      原子力規制委、更田氏が抱負

      20170922000198

       原子力規制委員会の委員長に就任した更田豊志氏は22日、記者会見で「安全追求に終わりはな..... [ 記事へ ]