出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

琵琶湖で雪見船運航始まる 湖上から雪化粧の山々

琵琶湖大橋の下からスマートフォンで雪化粧した山並みを撮影する乗客
琵琶湖大橋の下からスマートフォンで雪化粧した山並みを撮影する乗客

 琵琶湖を周遊して湖国の冬景色を楽しむクルーズ船「雪見船」の運航が10日、始まった。乗船客らが雪化粧した比良山系や伊吹山の眺めを満喫した。

 滋賀県内の観光業者でつくる「びわ湖雪見船協議会」と琵琶湖汽船が毎年企画し、今年が32回目。長浜盆梅展(長浜市)の開催に合わせて運航し、長浜港(同市)と大津港(大津市)を約2時間で結ぶ。

 船内で観光案内を務める細密画家今森洋輔さん(55)は「筆をマイクに持ちかえて、湖国の自然の魅力を伝えたい」と話す。

 運航は1月中が土日月曜と祝日、2月1日~3月9日は毎日(2月25日は除く)。中学生以上片道3千円、同往復5千円。小学生以下は半額。予約は琵琶湖汽船予約センター077(524)5000。

【 2018年01月11日 09時40分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖大橋の下からスマートフォンで雪化粧した山並みを撮影する乗客
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      宇治川花火、終了見直さず 市長公約に「再開検討」、議会は批判

      20180426000061

       京都府宇治市は、昨年12月に終了を決め、市議会から再検討を求められていた「宇治川花火大..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ジュニアレスリング優勝の海洋高3年今井さん「次は全日本V」

      20180426000051

       今月に行われた20歳以下のレスリングの全国大会で、京都府宮津市の海洋高3年の今井佑海(..... [ 記事へ ]

      経済

      京友禅でスマホピカピカに 京都のブランドが新作発表会

      20180426000069

       絹の眼鏡ふき「おふき」を手掛ける京友禅ブランド「SOO(ソマル)」は28、29両日、京..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      名建築「聴竹居」で新緑めでる会 京都・大山崎で28日

      20180426000066

       昭和初期の名建築として知られる重要文化財「聴竹居」(京都府大山崎町大山崎)で28日午前..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]