出版案内
福祉事業団
47NEWS

「ヌートリア」対策で対立 京都府と京都市

鴨川に生息し、河川敷に上がったヌートリア(2012年8月15日、京都市上京区・葵橋下流)
鴨川に生息し、河川敷に上がったヌートリア(2012年8月15日、京都市上京区・葵橋下流)

 京都市内の鴨川に近年生息し、生態系を破壊する恐れがある特定外来生物「ヌートリア」の対策をめぐって、京都府と京都市が対立している。河川管理者の府は早期の捕獲を目指したいが、市は「市民の反発が予想される」として農業被害が出るまでは静観する姿勢。ヌートリアはさまざまな植物を食べ繁殖力も高いため、専門家は捕獲の必要性を指摘するが、現状では府が餌やり禁止を呼びかける程度にとどまっている。

 府が鴨川でヌートリアを確認したのは2年前。淀川や桂川から移り住んだとみられ、現在は北大路橋(北区)や高野橋(左京区)まで北上している。

 「かわいい」と餌を与える住民もおり、繁殖を恐れる府は昨年6月、河川敷に看板を設置するなどして餌やりの禁止を呼びかけている。府自然環境保全課は「鴨川の生態系を守るためには捕獲が必要」と強調する。

 一方の京都市。環境管理課や林業振興課は「鴨川は鳥獣保護区でもあり、捕獲は市民の反発が予想される。市民の要望もない。ヌートリアが生態系を乱しているという証明も難しい」と捕獲に消極的だ。

 特定外来生物を捕獲する場合、生息地の市町村や住民団体が防除計画をたて、国の認定を受けて実施するのが一般的で、鴨川での捕獲は京都市の協力が必要になる。

 しかし、市は当面、農作物被害が出ている桂川水系や山科川での捕獲を優先する意向で、府市の隔たりは解消されそうにない。

 ヌートリアに詳しい村上興正京都精華大非常勤講師は「草食なのに貝も食べるようになっており、生態系が大きなダメージを受ける可能性もある。市の腰は重いが、今ならまだ根絶は可能で早期に捕獲すべき」と指摘する。

 一方、いきもの多様性研究所(中京区)の小山直美副代表は「いないほうが良いが、持ち込んだ人間の責任であり、避妊など少しでも殺さない対策にも取り組むべきでは」と話す。

【 2013年05月17日 15時20分 】

ニュース写真

  • 鴨川に生息し、河川敷に上がったヌートリア(2012年8月15日、京都市上京区・葵橋下流)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      名神高速で観光バス逆走
      運転手ら10人けが

      20140420000108

       20日午後6時ごろ、愛知県一宮市の名神高速道路下り線で、客を乗せていない観光バスが中央..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本、WG2部から降格
      女子フェド杯オランダ戦

      20140420000117

       【セルトゲンボシュ(オランダ)共同】女子テニスの国別対抗戦フェド杯のワールドグループ(..... [ 記事へ ]

      経済

      ルート自律移動システム開発  村田機械、清掃機器で実用化

      20140419000056

       記憶したルートを自律移動する制御システムを村田機械(京都市伏見区)が開発し、今月から本..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大に京都文化学ぶ講座 京野菜、旅プラン創造など

      20140418000023

       京都を舞台に、文化を学び、地域の課題の解決に取り組む講義を京都大が今春から始めた。京野..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      理研が埼玉の研究施設を一般公開
      STAP質問にも対応

      20140419000112

       理化学研究所は19日、埼玉県和光市にある研究施設を一般公開した。STAP細胞論文問題へ..... [ 記事へ ]

      国際

      パキスタン、ジャーナリスト襲撃
      武装集団

      20140420000009

       【イスラマバード共同】パキスタンの地元民放局ジオ・テレビのニュースキャスターで著名ジャ..... [ 記事へ ]