出版案内
福祉事業団

2年前発見の伏見城石垣跡、大名屋敷の可能性 京都

2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)
2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)

 2015年に京都市伏見区で見つかり、豊臣秀吉が築いた初期の伏見城(指月(しげつ)城)とみられていた石垣と堀跡が、地震で倒壊後の指月城跡に建てられた大名屋敷の石垣だった可能性が出てきた。民間発掘調査会社が発表後、西側でより深い堀跡や石垣を新たに発見。市文化財保護課は「発表された石垣は、指月城の堀を埋め立てた上に設けられた」とみて、実像解明に向けたさらなる調査の必要性を強調する。

 指月城は、秀吉が1592年、指月の丘に隠居所として整備を始めた。途中、天守など拡張整備したが、96年の慶長伏見地震で倒壊。北東の木幡山に後期の伏見城を設け、指月城一帯は大名屋敷エリアになった。

 発掘調査会社が15年6月、伏見区桃山町泰長老で、南北36メートルにわたる石垣と堀を発見。周囲で金箔(きんぱく)瓦が見つかり、指月城の遺構とみられる、と発表した。

 その後に掘り進めたところ、発表された石垣の下から造成の盛り土と金箔瓦を確認。石垣の約6メートル西側で、盛り土の下から、石垣の基礎部分より少なくとも2・4メートル以上深い堀と上部の崩れた別の石垣が見つかった。調査に立ち会った市文化財保護課は、西側の石垣が指月城の遺構だと推測する。同課は「伏見城は短期間で大規模な改修・移築を繰り返し、史料も乏しい。遺構の時期の特定は非常に困難。新たな発見があるたび、検討を繰り返して実像に迫るしかない」としている。

 最新の発掘成果は18日に始まる市考古資料館(上京区)の特別展示「伏見城と淀城」で紹介される。月曜休館。無料。

【 2017年02月17日 22時30分 】

ニュース写真

  • 2015年の発表後に見つかった指月城とみられる石垣(市考古資料館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      地域活性化へ「ハッカソン」 京都・精華、アプリ開発の腕競う

      20170728000133

       地域活性化につながるアプリの開発を競う「地域創生ハッカソン」がこのほど、京都府精華町の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      元世界王者三浦が引退表明
      15日に王座復帰逃す

      20170729000003

       元世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級王者の三浦隆司(33)=帝拳=が28..... [ 記事へ ]

      経済

      ペプシなど6飲料自主回収へ
      サントリー、340万本

      20170728000152

       サントリー食品インターナショナルは28日、プラスチック片が混入している可能性があるとし..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「平安貴族って大変だ」 児童が狩衣・袿姿を体験

      20170728000038

       平安時代の生活を体験する教室が27日、京都市中京区の京都アスニーであり、小学生が貴族の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      弘前大、津軽弁をAIで標準語に
      東北電力と自動翻訳研究へ

      20170728000109

       弘前大は28日、なまりが強く方言の中でも特に難解とされる青森県の津軽弁を、人工知能(A..... [ 記事へ ]

      国際

      厳戒態勢の中、聖地で金曜礼拝
      エルサレム、衝突回避

      20170728000156

       【エルサレム共同】エルサレム旧市街にあるイスラム教とユダヤ教双方の聖地を巡る混乱で、イ..... [ 記事へ ]