出版案内
福祉事業団

京都国際会館新ホール、来年秋開業 内装に伝統産業品

多目的ホールのロビーのイメージ図。京焼・清水焼を使った壁面のアート作品など、伝統産業製品を活用する
多目的ホールのロビーのイメージ図。京焼・清水焼を使った壁面のアート作品など、伝統産業製品を活用する

 国立京都国際会館(京都市左京区)で建設中の多目的ホールが、来年10月にオープンすることが決まった。最大2500人収容のホールでは、京焼・清水焼のアート作品をロビーの壁に飾り、賓客用の特別室に北山丸太の床柱を使うなど、京都の伝統産業製品を生かした空間を整える。

 多目的ホールは広さ延べ2千平方メートル。国が、既存のイベントホール北側に約33億円をかけて整備している。大規模な国際会議やイベント誘致のため、将来は5千人規模への拡張を市が要望しており、増築を想定した設計となっている。

 同会館と市は、施設の付加価値を高めて会議の誘致や伝統産業振興に生かそうと、2016年度に大学教授らでつくる懇談会を設け、内装や備品に関する取り組みを検討した。

 京都ならではの内装や庭の整備には4億円をかける。特別室は西陣織の生地を張る椅子のほか、漆塗りの机や象眼をあしらう引き戸を使い、庭に貴船石や鞍馬石を配する。ロビーには伝統産業製品の展示ケースを組み合わせたサイドテーブルなどを置き、館内は合わせて30品目程度の伝統産業の技術を生かす方針。市美術館(左京区)と連携した美術工芸品の展示も検討している。

 多目的ホールの予約は、8月1日から受け付けが始まった。ケータリングサービスを複数の事業者から選択できるようにするなど、運用面でも新たな方式を取り入れる。同会館と市は「京都ならではのしつらえと、さまざまな催事に柔軟に対応できる特徴を誘致につなげたい」としている。

【 2017年08月12日 22時22分 】

ニュース写真

  • 多目的ホールのロビーのイメージ図。京焼・清水焼を使った壁面のアート作品など、伝統産業製品を活用する
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      社民党首選、又市氏擁立で合意
      26日再告示

      20180123000093

       社民党の国会議員4人は23日、吉田忠智党首が立候補を辞退した26日再告示の党首選を巡り..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、原口元気の獲得に興味
      ドイツ1部のブレーメン

      20180123000102

       【ケルン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグのブレーメンが、同リーグのヘルタに所..... [ 記事へ ]

      経済

      東京ガス社長に内田高史氏
      広瀬道明氏は会長に

      20180123000107

       東京ガスは23日、内田高史副社長(61)を社長に昇格させる人事を発表した。広瀬道明社長..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自治体条例127万件超を横断検索 同志社大教授ら公開

      20180123000072

       全国の地方自治体が定めた127万件超の例規(条例や規則など)をインターネットで横断検索..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大iPS研に「山中所長辞めないで」 論文不正で市民ら

      20180123000089

       京都大iPS細胞研究所の助教がデータ改ざんなどをした論文を発表した問題が明らかになって..... [ 記事へ ]

      国際

      米、自由の女神に客足戻る
      観光客、正常化に安堵

      20180123000015

       【ニューヨーク共同】米連邦政府機関の一部閉鎖で業務が停止していたニューヨークの観光名所..... [ 記事へ ]