出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

誘客の変遷つぶさ、観光パンフ30年 京都・亀岡で公開

亀岡市誕生から30年間に発行され、一般公開される観光案内パンフレット(京都府亀岡市古世町・市文化資料館)
亀岡市誕生から30年間に発行され、一般公開される観光案内パンフレット(京都府亀岡市古世町・市文化資料館)

 亀岡観光をPRするため、京都府亀岡市が誕生した1955年から約30年間に発行され、現存する観光案内パンフレットの一般公開を、市文化資料館(古世町)が13日から始める。保津川下り、湯の花温泉をはじめ紹介されている名所や特産物から、時代に応じた売り込み方の変遷がうかがえる。

 市などが発行、保管していた冊子で、同館で資料整理が完了した11点18冊を公開する。

 55年の冊子では、16町村が合併した新市の鳥瞰(ちょうかん)図とともに亀山城址、保津川下り、国分寺、鍬山神社、平和祭などを取り上げている。保津川下りは「風光佳絶で内外多数の観光客を迎えている」と紹介し、当時からの人気ぶりがうかがえる。

 高度成長期の67年には、当時の市観光協会副会長が「猿まねの観光ではなく一本筋の通った観光がのぞまれる」と記し、他市町を含めた広域観光の重要性を訴えている。

 68年には2年後の大阪万博で「大部分の人は京都や奈良を訪れる」とつづり、泊まり客を呼び込もうと宿泊施設を備えた湯の花温泉の紹介に多くのページを割いている。

 名物ではマツタケや丹波栗、砥石(といし)などの特産品のほか、現在では見られなくなった大谷鉱山のタングステン、寒天作りなども挙げられている。

 同館は「時代ごとの背景に沿った観光PRの移り変わりを見てほしい」と話している。

 初日の13日午前10~11時には学芸員による資料説明会も行われる。閲覧、説明会とも無料。

【 2018年01月12日 12時00分 】

ニュース写真

  • 亀岡市誕生から30年間に発行され、一般公開される観光案内パンフレット(京都府亀岡市古世町・市文化資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      警視庁が五輪対策会議
      吉田総監「部門の垣根越え連携」

      20180717000067

       開幕まで間もなく2年となる2020年東京五輪・パラリンピックに向け、警視庁は17日、同..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      幅跳びVの橋岡「自信になった」
      陸上U20世界選手権から帰

      20180717000090

       フィンランドのタンペレで行われた20歳未満で争う陸上のU20世界選手権日本代表が17日..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は2万2724円
      一時1カ月ぶり高値

      20180717000076

       連休明け17日午前の東京株式市場は米国の株高傾向を好感する買い注文が入り、日経平均株価..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア、W杯ボールをプレゼント
      プーチン氏がトランプ米大統

      20180717000029

       【ヘルシンキ共同】「大統領、このボールを差し上げます」。ヘルシンキで米ロ首脳会談を終え..... [ 記事へ ]