出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

一休さんの袈裟や重文肖像画公開 京都・一休寺

特別公開される重要文化財「絹本著色一休和尚像」と田辺宗一住職=京田辺市薪・酬恩庵
特別公開される重要文化財「絹本著色一休和尚像」と田辺宗一住職=京田辺市薪・酬恩庵

 JR西日本と京都府京田辺市などが、同市薪の酬恩庵(一休寺)で観光キャンペーンを行っている。一休禅師の肖像画である寺所蔵の重要文化財「絹本著色(けんぽんちゃくしょく)一休和尚像」(室町時代)をはじめとした文化財特別公開や、国指定名勝「酬恩庵庭園」公開などが行われる。

 JR西が季節ごとに実施する「ちょこっと関西歴史たび」の一環。今冬は3月末まで一休寺で行う。

 宝物殿で「一休和尚像」など一休禅師ゆかりの品26点を並べる。一休禅師が実際に着用したと伝えられる「五条袈裟(けさ)」(室町時代)は寺内での公開は初。

 期間中の日曜は本堂や方丈などでボランティアがガイドを行う。1月21日、2月25日、3月25日の午後2時から田辺宗一住職の特別法話がある。田辺住職は「禅僧としての一休と、山城地域を全国の人に知ってもらえれば」と話している。

 拝観料500円(小学生以下250円)。特別法話(別途500円)は3日前までに要予約。先着50人で市観光協会0774(68)2801へ。

【 2018年01月14日 11時00分 】

ニュース写真

  • 特別公開される重要文化財「絹本著色一休和尚像」と田辺宗一住職=京田辺市薪・酬恩庵
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      宇治川花火、終了見直さず 市長公約に「再開検討」、議会は批判

      20180426000061

       京都府宇治市は、昨年12月に終了を決め、市議会から再検討を求められていた「宇治川花火大..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ジュニアレスリング優勝の海洋高3年今井さん「次は全日本V」

      20180426000051

       今月に行われた20歳以下のレスリングの全国大会で、京都府宮津市の海洋高3年の今井佑海(..... [ 記事へ ]

      経済

      京友禅でスマホピカピカに 京都のブランドが新作発表会

      20180426000069

       絹の眼鏡ふき「おふき」を手掛ける京友禅ブランド「SOO(ソマル)」は28、29両日、京..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]

      国際

      長崎の被爆者が核廃絶を訴え
      原発事故32年のチェルノブイリ

      20180426000041

       【スラブチチ共同】旧ソ連ウクライナで1986年に起きたチェルノブイリ原発事故から26日..... [ 記事へ ]