出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

一休さんの袈裟や重文肖像画公開 京都・一休寺

特別公開される重要文化財「絹本著色一休和尚像」と田辺宗一住職=京田辺市薪・酬恩庵
特別公開される重要文化財「絹本著色一休和尚像」と田辺宗一住職=京田辺市薪・酬恩庵

 JR西日本と京都府京田辺市などが、同市薪の酬恩庵(一休寺)で観光キャンペーンを行っている。一休禅師の肖像画である寺所蔵の重要文化財「絹本著色(けんぽんちゃくしょく)一休和尚像」(室町時代)をはじめとした文化財特別公開や、国指定名勝「酬恩庵庭園」公開などが行われる。

 JR西が季節ごとに実施する「ちょこっと関西歴史たび」の一環。今冬は3月末まで一休寺で行う。

 宝物殿で「一休和尚像」など一休禅師ゆかりの品26点を並べる。一休禅師が実際に着用したと伝えられる「五条袈裟(けさ)」(室町時代)は寺内での公開は初。

 期間中の日曜は本堂や方丈などでボランティアがガイドを行う。1月21日、2月25日、3月25日の午後2時から田辺宗一住職の特別法話がある。田辺住職は「禅僧としての一休と、山城地域を全国の人に知ってもらえれば」と話している。

 拝観料500円(小学生以下250円)。特別法話(別途500円)は3日前までに要予約。先着50人で市観光協会0774(68)2801へ。

【 2018年01月14日 11時00分 】

ニュース写真

  • 特別公開される重要文化財「絹本著色一休和尚像」と田辺宗一住職=京田辺市薪・酬恩庵
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      警視庁が五輪対策会議
      吉田総監「部門の垣根越え連携」

      20180717000067

       開幕まで間もなく2年となる2020年東京五輪・パラリンピックに向け、警視庁は17日、同..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      幅跳びVの橋岡「自信になった」
      陸上U20世界選手権から帰

      20180717000090

       フィンランドのタンペレで行われた20歳未満で争う陸上のU20世界選手権日本代表が17日..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は2万2724円
      一時1カ月ぶり高値

      20180717000076

       連休明け17日午前の東京株式市場は米国の株高傾向を好感する買い注文が入り、日経平均株価..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア、W杯ボールをプレゼント
      プーチン氏がトランプ米大統

      20180717000029

       【ヘルシンキ共同】「大統領、このボールを差し上げます」。ヘルシンキで米ロ首脳会談を終え..... [ 記事へ ]