出版案内
福祉事業団

家康ら上洛時の居室跡を初確認 滋賀・野洲

永原御殿の見取り図
永原御殿の見取り図

 滋賀県野洲市教育委員会は14日、徳川家康が築いたとされる江戸時代の将軍家の宿泊所「永原御殿跡」(同市永原)から、本丸の中央部にある部屋「古御殿」跡と、西側にあり望楼や茶室だったとされる「御亭」跡が出土したと発表した。資料から御殿の存在は知られていたが、私有地のためこれまで本丸の調査は行われておらず、建物跡が確認されたのは初めて。

 国史跡指定を目指し、江戸中期に製作された間取り図「指図」を基に、古御殿と御亭があったとされる計約90平方メートルを2017年8月から発掘調査した。古御殿跡からはコの字形で東西12メートル、南北7メートル以上の溝跡、御亭跡からは東西4・5メートル、南北4・8メートルの溝跡が出土し、それぞれ加工跡がある礎石も見つかった。

 溝跡や礎石は指図通りに配置されており、周辺の竹林からは本丸を取り囲む土塁跡や櫓跡も見つかった。市教委は「非常に状態がよく、当時の資料との整合性も高まり、御殿の全容解明へ前進した」としている。

 御殿は徳川家が上洛(じょうらく)時に休息や宿泊に使った施設で滋賀県内では水口(甲賀市)、柏原(米原市)、伊庭(東近江市)にもある。永原御殿は約4万平方メートルと県内最大級で、1601年までに家康が築いたとされ、7回宿泊した記録が残る。その後、拡張工事も行われたが、幕藩体制が確立して将軍の上洛の機会は減った。34年の家光の上洛を最後に使われなくなり、85年に解体された。

 17日午後1時半から、現地説明会を行う。雪雨は中止。野洲市077(587)1121。

【 2018年02月14日 23時53分 】

ニュース写真

  • 永原御殿の見取り図
  • 永原御殿跡から見つかった「古御殿」の建物跡(野洲市永原馬場ノ内)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      入湯税「500円」に賛否
      別府市検討、全国最高額へ

      20180224000007

       全国屈指の温泉地、大分県別府市が、温泉客に課す入湯税を引き上げる方針だ。条例改正案が可..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア宮原は「進化の途中」 恩師ら、称賛と期待

      20180224000029

       平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子で、宮原知子選手(19)=関西大2年、京都市中京区..... [ 記事へ ]

      経済

      米、TPP再交渉を要求
      大統領、復帰の条件

      20180224000016

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は23日、オーストラリアのターンブル首相との共同記者..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都滋賀で1万5千人挑戦 25日、国公立大2次試験

      20180223000138

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      米、制裁逃れ船全て対象に
      北朝鮮の偽装に注意喚起

      20180224000025

       【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は23日の記者会見で、トランプ米政権による「過..... [ 記事へ ]