出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ビワイチ「ママチャリでもできます」 大津に情報拠点開設

自転車を楽しむ滋賀県民が増えるようにと開設された「ビワイチ応援サロン」(大津市大萱2丁目)
自転車を楽しむ滋賀県民が増えるようにと開設された「ビワイチ応援サロン」(大津市大萱2丁目)

 自転車での琵琶湖一周(ビワイチ)を楽しむ滋賀県民を増やそうと、県内のサイクリング愛好家たちが、大津市内に情報拠点「ビワイチ応援サロン」を開設した。自転車観光の振興には県民の理解が欠かせない一方、ビワイチをした県民は多くない点に着目。「ママチャリでもできるのか」「おすすめコースは」といった初心者の相談に無料で対応することで、自転車ファンの増加を願っている。

 サロンは今月3日、琵琶湖一周サイクリング大会の運営に長年携わってきた愛好家3人が、「自転車工房ふぃっと」内に開設した。地図やガイドブックを用意し、県内のサイクリング行事や県内の宿泊施設、貸自転車店、修理店を紹介するほか、コースや装備など初心者が不安に思う技術面のアドバイスも行う。

 また、パンクやペース配分が心配な場合は、ガイドの派遣(有料)も実施。レンタサイクル(同)を用意するほか、サイクリング行事の企画や運営も請け負い、観光業者の自転車を通じた誘客支援も行う。

 サロンのマスターを務める浦松武司さん(65)は、車社会の滋賀では自転車を迷惑な存在と感じる人が多いと感じ、自転車を楽しむ県民が増えることで、もてなしや魅力の発信につながると期待。「ママチャリでもビワイチはできる。気軽に『自転車でこんなことがしたい』と相談してもらえれば」と話している。

 午前9時から午後7時まで。毎週月曜と木曜、第1・第3日曜は休み。問い合わせは大津市大萱2丁目6の5、同サロン077(545)4700。

【 2018年03月10日 09時23分 】

ニュース写真

  • 自転車を楽しむ滋賀県民が増えるようにと開設された「ビワイチ応援サロン」(大津市大萱2丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      全国のコメの酒、搾り作業
      被災地応援と地域連携目的

      20180623000069

       全国47都道府県のコメで造る日本酒の搾り作業が23日、福島県会津坂下町の曙酒造で行われ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      NPB、誤審で謝罪
      オリックスは試合続行を要望

      20180623000072

       22日のオリックス―ソフトバンク10回戦の試合後に審判団が誤審を認めたことを受け、日本..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]