出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

福島から避難、スイーツのまち支える 京都の洋菓子店長

福島県南相馬市から福知山市に避難し、現在は洋菓子店の店長を務める田原さん(左)=福知山市内記・足立音衛門
福島県南相馬市から福知山市に避難し、現在は洋菓子店の店長を務める田原さん(左)=福知山市内記・足立音衛門

 東日本大震災から1カ月後に福島県南相馬市から福知山市に家族と避難した男性が、古里を離れ7回目の春を迎えようとしている。不安を抱え移り住んだ土地で古里を思いながら、「スイーツのまち」福知山の洋菓子店の店長として忙しい日々を送る。

 田原康暁さん(43)=同市前田。生まれ育った南相馬市で被災した。妻と3人の息子と暮らしていた自宅は、東京電力福島第1原発から半径30キロ圏内にあった。家族の安全を考え避難先を探していた時、テレビで福知山市が市営住宅を無料で貸し出しているのを知った。

 震災から1カ月後、車に最低限の荷物を積み、出発した。1日かけてたどり着いた福知山は、縁もゆかりもない土地。「東北とは人間性も違う。子どもの学校のことや、仕事のことなど、不安でいっぱいだった」

 すぐに仕事を探し始め、ハローワークで見つけた洋菓子店「足立音衛門」(同市内記)に就職した。金型部品製造会社に勤めていた田原さんにとっては異業種への挑戦だった。「同僚が気さくで、親切に教えてくれた」。近隣住民の支えもあり、徐々に地域になじんでいった。

 2013年には本店の店長を任された。店舗全体の管理を担い、接客や商品管理など従業員25人の仕事がスムーズに回るよう、細部に目を配る。「地域に貢献できたら」と、「スイーツのまち」をPRする市のイベントにも積極的に参加する。

 南相馬市には今も両親が暮らす。帰郷のたびにまちの復興を感じる一方、人が減り、以前とは雰囲気が変わった古里に、複雑な思いもある。「7年はあっという間だった。生まれ育った南相馬を懐かしく思うこともあるが、今は日々の仕事で精いっぱい。子どもが無事に大きくなるよう、ここで頑張っていきたい」

【 2018年03月10日 16時00分 】

ニュース写真

  • 福島県南相馬市から福知山市に避難し、現在は洋菓子店の店長を務める田原さん(左)=福知山市内記・足立音衛門
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      全国のコメの酒、搾り作業
      被災地応援と地域連携目的

      20180623000069

       全国47都道府県のコメで造る日本酒の搾り作業が23日、福島県会津坂下町の曙酒造で行われ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      NPB、誤審で謝罪
      オリックスは試合続行を要望

      20180623000072

       22日のオリックス―ソフトバンク10回戦の試合後に審判団が誤審を認めたことを受け、日本..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]