出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

滋賀の食材で地域活性化考える あまから手帖の門上氏ら講演

滋賀の食材について対談する門上さん(右)と櫻井さん=大津市打出浜、コラボしが21
滋賀の食材について対談する門上さん(右)と櫻井さん=大津市打出浜、コラボしが21

 関西の食の雑誌「あまから手帖(てちょう)」編集顧問の門上武司さんが13日、大津市打出浜のコラボしが21で講演した。食のイベントに人が集まり、旅の目的の上位にグルメが挙がることから「食には人を動かす力がある」と、地元食材で地域を活性化させるヒントを説いた。

 執筆や編集のほか、京都や大阪、奈良で食のイベントを手がける門上さんは、全国的にブランド力がある「京野菜」という言葉が誕生したのはわずか30年余り前と説明。「伝統野菜を復活させた生産者が料理人やメディアを巻き込み、うまいメカニズムができた。ブランドは育つもの」と力を込めた。

 続いて、自身も通う大津市内の日本料理店主櫻井克則さんと対談。門上さんが滋賀の野菜や湖魚を使った料理の反応を問うと、櫻井さんは「よそにないものを喜んでくれる。ただ、有名になったら需要と供給のバランスが取れるかどうか」と不安視し、「県内の生産者は伝統野菜の種をよそに渡さないように感じるが、(京野菜のように)もっと若手に作ってもらいたい」と提案した。

 フォーラムは、滋賀県食のブランド推進課が主催し、観光関係者や生産者ら約50人が参加した。県の地産地消キャンペーン「おいしが うれしが」の取り組み報告もあった。

【 2018年03月13日 22時57分 】

ニュース写真

  • 滋賀の食材について対談する門上さん(右)と櫻井さん=大津市打出浜、コラボしが21
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      全国のコメの酒、搾り作業
      被災地応援と地域連携目的

      20180623000069

       全国47都道府県のコメで造る日本酒の搾り作業が23日、福島県会津坂下町の曙酒造で行われ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      NPB、誤審で謝罪
      オリックスは試合続行を要望

      20180623000072

       22日のオリックス―ソフトバンク10回戦の試合後に審判団が誤審を認めたことを受け、日本..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]