出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ビワイチ快適、清掃サイクリング 滋賀で29日開催

びわ湖の雄大な景色を眺めながらビワイチを楽しむサイクリストたち(滋賀県長浜市木之本町飯浦)
びわ湖の雄大な景色を眺めながらビワイチを楽しむサイクリストたち(滋賀県長浜市木之本町飯浦)

 自転車で琵琶湖を一周する「ビワイチ」を快適に楽しめるようにと、滋賀県内の自転車愛好家たちが4月29日を「ビワイチ感謝の日」として、初めての「お掃除サイクリング」を計画している。路上に落ちたガラス片などで自転車がパンクするのを防ぐ狙いで、地域への恩返しの思いを込め、参加を呼び掛けている。

 企画したのは、ビワイチ初心者の相談などに対応する情報拠点「ビワイチ応援サロン」(大津市大萱2丁目)を今月立ち上げた愛好家たち。当日は午前9時に、彦根市の彦根港駐車場と守山市今浜町にある「琵琶湖サイクリストの聖地碑」前の2カ所を集合場所とし、4コースに分かれてガラスなどを拾いながら自転車で走る。一部参加も可。

 県内の道路では、車から投げ捨てられた瓶や、事故車の部品などがパンクの原因にもなることが多いという。そのため、サロンのメンバーらは、2011年から自転車イベントの前に清掃活動を続けていた。

 4月29日は、ビワイチを楽しむ人が多い5月の大型連休直前の休日で、最も清掃の効果が大きいとみて、感謝の日に設定した。サロンのマスター、浦松武司さん(65)は、「気持ちよく走るためにもパンクはない方がいい。サイクリストには『ごみや迷惑を残していく』という批判もあるが、走らせてもらっているという感謝を表す機会にしたい」と話している。

 参加費は、ほうきや、ごみを入れるバッグなど掃除用具一式、保険などを含め1人1500円。参加希望者は4月15日までに、同サロン077(545)4700=ファクス兼用。月曜、木曜、第1、第3日曜は休み。

【 2018年04月08日 20時20分 】

ニュース写真

  • びわ湖の雄大な景色を眺めながらビワイチを楽しむサイクリストたち(滋賀県長浜市木之本町飯浦)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      ハンセン病元患者が都内で講演
      「生きている限り伝える」

      20180623000096

       国による強制隔離政策が続いたハンセン病問題で、国が全面敗訴した国家賠償訴訟で原告だった..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ審判員殴打で全国大会辞退
      延岡学園、監督を解任

      20180623000103

       バスケットボールの全九州高校大会で留学生の男子選手が審判員を殴打した問題で、延岡学園高..... [ 記事へ ]

      経済

      中国スマホ大手、香港で上場へ
      7月、6700億円調達も

      20180623000093

       【香港共同】中国のスマートフォン大手、北京小米科技(シャオミ)の経営陣が23日、香港で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]

      国際

      上海交通大に日本研究所
      開所式に福田元首相ら出席

      20180623000104

       【上海共同】中国上海の名門、上海交通大で23日、経済分野などでの日中間の協力や問題解決..... [ 記事へ ]