出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・鴨川の息吹、アート作品に 「自然考えるきっかけに」

鴨川に展示された作品と荻野さん(京都市・団栗橋付近)
鴨川に展示された作品と荻野さん(京都市・団栗橋付近)

 京都市下京、東山区の四条大橋と団栗橋間の鴨川でアート展示が行われている。賀茂川漁業協同組合が張った防鳥ロープに、北区のアーティスト荻野NAO之さん(43)が複数の写真を組み合わせたモンタージュ作品を結びつけた。「自然のバランスが整うように」と祈りを込め、道行く人が川に目を向けるきっかけをつくっている。

 荻野さんは昨年、防鳥ロープを見かけ、同漁協の澤健次組合長(43)に展示について相談した。澤さんからロープはカワウの食害対策で、近年被害が増えていることや、人が手を加えた川の形状が川魚の成育に適さないことを教わった。一方で、天然アユの遡上(そじょう)や魚道の設置で川を上るのを助けていることも知り、作品の構想を練った。京都国際写真祭「KYOTOGRAPHIE(キョウトグラフィー)」の関連イベントとして4月から展示することを決めた。

 川に張り巡らされた防鳥ロープの岸側に一辺5・2メートル×3・2メートルの写真を結んだ。1枚の写真の中に、荻野さんが鴨川で撮影したアユや鳥、太陽や月が反射する水面などを抽象的に組み合わせ、神話的な世界を作り出した。鴨川の奥底にある自然界の息吹を感じ、タイトルを「鴨川胎動」とした。

 左右それぞれの岸に5枚ずつが連なり、上空から見ると、2匹の竜が浮かび上がる。

 荻野さんは「都市景観の一部になりがちな鴨川の自然について考えてもらえれば」と話している。26日まで。無料。

【 2018年05月17日 10時45分 】

ニュース写真

  • 鴨川に展示された作品と荻野さん(京都市・団栗橋付近)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      地元産魚使いネコ用缶詰 京都、収益一部でネコ保護へ 

      20180525000105

       京都・丹後の魚のおいしさやネコの保護をPRしようと、地元の魚を使った「プレミアムご当地..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      26日にBリーグプレーオフ決勝
      千葉とA東京が会場で練習

      20180525000135

       バスケットボール男子のBリーグのプレーオフ、チャンピオンシップは26日に横浜アリーナで..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は2万2457円
      前日終値挟み小動き

      20180525000075

       25日午前の東京株式市場は米国と北朝鮮の首脳会談中止を懸念した売り注文と、外国為替相場..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      日本の南シナ海関与を評価
      ベトナム国家主席が会見

      20180525000116

       【ハノイ共同】29日から日本を公式訪問するベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席(61..... [ 記事へ ]