出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

南座の内装、京都の技彩る 11月新開場へ扉や壁紙製作

南座の扉を装うため京都で織られたボタンの花をあしらった織物(京都市左京区静市市原町・川島織物セルコン)
南座の扉を装うため京都で織られたボタンの花をあしらった織物(京都市左京区静市市原町・川島織物セルコン)

 2年前から耐震改修のため休館している南座(京都市東山区)が11月に新開場するのを前に、扉や壁に張られる内装材や絨毯(じゅうたん)の製作が京都の織物会社で進んでいる。ボタンの花や鳳凰(ほうおう)など従来のデザインを踏襲しながら、すべて新調するといい、職人が織機を調整しながら風合いなどの再現に努めている。

 南座のロビーと客席を結ぶ扉には、えんじ色を基調にした織物が張られている。ボタンの花を金糸であしらい、和の風格を醸す。

 左京区の川島織物セルコンで織っており、金糸一つにしても以前と同様の色合いになるように京都の糸メーカーの糸を採用。柔らかな風合いで柄を復元するため織機を選んで調整する。8月ごろまでに仕上げる。

 南座では、客席やロビーの壁に張られる「壁紙」も実は織物で作られている。特に客席では、芝居の雰囲気を大切にするため、白を基調にしながらも少しグレーがかった温かみのある色合いにするなど、細かく打ち合わせを重ねている。

 同社の担当者は「全て南座のオリジナルデザイン。壁紙まで織物で張られる建物は珍しい。着物姿でにぎわう劇場の内装に、京都の織物が息づいていると知っていただければ」と話す。

 同社は、2011年に新調された南座の緞帳(どんちょう)の製作も手がけ、現在保管中。松本幸四郎さん一家の襲名披露を兼ねた11月の顔見世興行で、いよいよ、その幕が上がる。

【 2018年07月13日 08時28分 】

ニュース写真

  • 南座の扉を装うため京都で織られたボタンの花をあしらった織物(京都市左京区静市市原町・川島織物セルコン)
  • 南座のロビーと客席をつなぐ扉。扉の大きさに合わせて織物を表面に張る(改修前の写真)=京都市東山区
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「首相聞く耳持ってない」
      国会前で退陣求める集会

      20180720000002

       通常国会が事実上閉幕するのを前に、森友、加計問題などの真相解明を求める市民らが19日夜..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー乾選手「迷いなく打てた」 滋賀で祝賀会 W杯振り返る

      20180719000199

       サッカーワールドカップ(W杯)で日本の決勝トーナメント進出に貢献した乾貴士選手(30)..... [ 記事へ ]

      経済

      五山送り火と舞妓の踊り、屋上で満喫 京都新阪急ホテルがプラン

      20180719000213

       京都新阪急ホテル(京都市下京区)は、8月16日に催す「五山送り火鑑賞プラン」を販売して..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ノーベル賞の大村氏記念館完成
      山梨大式典、山中氏と対談

      20180719000223

       ノーベル医学生理学賞を2015年に受賞した大村智北里大特別栄誉教授(83)の功績をたた..... [ 記事へ ]

      国際

      フィギュアのテン選手刺殺
      ソチ五輪銅、カザフスタン

      20180719000212

       【モスクワ共同】2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、カザフスタ..... [ 記事へ ]