出版案内
福祉事業団

京都ゆかり大砲、Vの夢追う 同志社中出身、早実4番・野村選手

早実の4番に座る野村選手(右)。清宮選手(左)とともに60年ぶりの優勝を狙う=16日、兵庫県西宮市・甲子園球場
早実の4番に座る野村選手(右)。清宮選手(左)とともに60年ぶりの優勝を狙う=16日、兵庫県西宮市・甲子園球場

 19日に開幕した選抜高校野球大会で優勝候補の早稲田実業(東京)の4番・野村大樹(だいじゅ)三塁手(16)は、同志社中出身の2年生だ。大会屈指のスラッガー清宮幸太郎一塁手(17)の後ろを任される。「今はすべてが清宮さんの方が上。でも飛距離では清宮さんに勝ちたい」と闘志を燃やす。

 16日の甲子園練習では172センチ、81キロのがっしりした体でフルスイング。強烈な打球を連発し、ライナーで左翼席に放り込んだ。「中学では甲子園は広いと思ったけど、今は自分でもホームランが打てると思った」と満足そうに語った。

 小学生の時、兵庫県宝塚市で野球を始めた。同志社中に進学した理由は、親から出された硬式野球をする条件が、大学付属校への進学だったから。約2時間半かけて通学。「長かった。電車で勉強や読書をしていた」。3年のクラス担任だった栢木(かやき)恵子さん(44)は「勉強やクラス生活では何でも一生懸命取り組んでいた。クラスではリーダー的存在だった」と話す。

 大阪市の硬式野球チームで力を伸ばし、15歳以下日本代表の4番にも座った。野球での進学を考え、早実を目指した。幼稚園児だった2006年夏、斎藤佑樹投手と田中将大投手が投げ合った早実-駒大苫小牧(北海道)を甲子園で目の当たりにし、憧れのチームになった。勉強と野球を両立し、同級生の大半が同志社高に進む中、昨春に上京した。

 早実では1年夏から4番を担う。清宮選手も「自分が凡退しても、後ろに野村がいる安心感がある」と信頼を置く。昨秋の東京都大会決勝では九回に右越えサヨナラ本塁打を放った。昨秋の公式戦成績は打率4割5分9厘、4本塁打、チームトップの18打点。それでもさらに飛距離を伸ばしたいと、冬は下半身の筋力強化に取り組んだ。

 優勝すれば、王貞治氏がエースを務めた1957年以来60年ぶり。「個人の目標は打率5割、ホームラン3本」と力強く語り、清宮選手とともに偉業に挑む。

【 2017年03月20日 08時50分 】

ニュース写真

  • 早実の4番に座る野村選手(右)。清宮選手(左)とともに60年ぶりの優勝を狙う=16日、兵庫県西宮市・甲子園球場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      「医療不信招いた」武田病院謝罪 京都府警が家宅捜査

      20170328000066

       虚偽診断書作成容疑などで医師と職員が逮捕されたことを受け、武田病院グループの宝輪克博・..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は1万9189円
      円高一服を好感し反発

      20170328000048

       28日午前の東京株式市場は、外国為替市場の円高一服が好感され、日経平均株価(225種)..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ミツマタの花、山里に春告げる 京都・綾部

      20170328000053

       京都府綾部市老富町の山中でミツマタの花が咲き始めた。まだ雪の残る山里に、寄り集まって球..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経難病、サルで再現
      治療、病態解明の手掛かり

      20170328000008

       遺伝子の改変によって神経難病である脊髄小脳変性症の症状があるマーモセット(小型のサル)..... [ 記事へ ]

      国際

      京都市・レジリエント統括監に、藤田副市長任命へ

      20170328000025

       京都市は、災害やテロが起きても早期に復旧できる都市を目指すため、米財団のプロジェクトに..... [ 記事へ ]