出版案内
福祉事業団

京都ゆかり大砲、Vの夢追う 同志社中出身、早実4番・野村選手

早実の4番に座る野村選手(右)。清宮選手(左)とともに60年ぶりの優勝を狙う=16日、兵庫県西宮市・甲子園球場
早実の4番に座る野村選手(右)。清宮選手(左)とともに60年ぶりの優勝を狙う=16日、兵庫県西宮市・甲子園球場

 19日に開幕した選抜高校野球大会で優勝候補の早稲田実業(東京)の4番・野村大樹(だいじゅ)三塁手(16)は、同志社中出身の2年生だ。大会屈指のスラッガー清宮幸太郎一塁手(17)の後ろを任される。「今はすべてが清宮さんの方が上。でも飛距離では清宮さんに勝ちたい」と闘志を燃やす。

 16日の甲子園練習では172センチ、81キロのがっしりした体でフルスイング。強烈な打球を連発し、ライナーで左翼席に放り込んだ。「中学では甲子園は広いと思ったけど、今は自分でもホームランが打てると思った」と満足そうに語った。

 小学生の時、兵庫県宝塚市で野球を始めた。同志社中に進学した理由は、親から出された硬式野球をする条件が、大学付属校への進学だったから。約2時間半かけて通学。「長かった。電車で勉強や読書をしていた」。3年のクラス担任だった栢木(かやき)恵子さん(44)は「勉強やクラス生活では何でも一生懸命取り組んでいた。クラスではリーダー的存在だった」と話す。

 大阪市の硬式野球チームで力を伸ばし、15歳以下日本代表の4番にも座った。野球での進学を考え、早実を目指した。幼稚園児だった2006年夏、斎藤佑樹投手と田中将大投手が投げ合った早実-駒大苫小牧(北海道)を甲子園で目の当たりにし、憧れのチームになった。勉強と野球を両立し、同級生の大半が同志社高に進む中、昨春に上京した。

 早実では1年夏から4番を担う。清宮選手も「自分が凡退しても、後ろに野村がいる安心感がある」と信頼を置く。昨秋の東京都大会決勝では九回に右越えサヨナラ本塁打を放った。昨秋の公式戦成績は打率4割5分9厘、4本塁打、チームトップの18打点。それでもさらに飛距離を伸ばしたいと、冬は下半身の筋力強化に取り組んだ。

 優勝すれば、王貞治氏がエースを務めた1957年以来60年ぶり。「個人の目標は打率5割、ホームラン3本」と力強く語り、清宮選手とともに偉業に挑む。

【 2017年03月20日 08時50分 】

ニュース写真

  • 早実の4番に座る野村選手(右)。清宮選手(左)とともに60年ぶりの優勝を狙う=16日、兵庫県西宮市・甲子園球場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      中央道の土砂撤去完了
      20日以降復旧目指す、岐阜

      20170819000119

       車4台を巻き込んだ岐阜県瑞浪市の中央自動車道の土砂崩れで、中日本高速道路は19日夜、路..... [ 記事へ ]

      経済

      彦根梨、料理やスイーツで楽しんで  滋賀、40店でラリー

      20170819000150

       滋賀県彦根市特産の梨を加工した創作料理やスイーツなどを食べ歩く「ひこね梨さんぽ」が20..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      親子で数珠回し、地蔵盆の歴史知る 京都・清浄華院

      20170819000168

       夏休みに親子で京都の歴史について学ぶ講座「お地蔵さんと地蔵盆」が19日、京都市上京区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      大学と警察が連携、防犯企画 京都、芸術や心理学生かす

      20170819000134

       京都市右京区内の大学に通う学生が、犯罪や事故の防止に向けた活動を続けている。右京署との..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]

      国際

      全斗煥氏回顧録が出版・販売禁止
      韓国・光州事件の映画好調

      20170819000160

       【光州共同】1980年に韓国南西部の光州で軍が160人以上の市民を虐殺した光州事件をめ..... [ 記事へ ]