出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

車いす駅伝に健常者チーム初出場 11日号砲、心待ちに

初参加する健常者チーム「車いすマラソン愛好会」のメンバー(写真左列)。車いすの選手と一緒に開会式に参加した=京都市左京区
初参加する健常者チーム「車いすマラソン愛好会」のメンバー(写真左列)。車いすの選手と一緒に開会式に参加した=京都市左京区

 11日に京都市内で行われる「第29回全国車いす駅伝」に、健常者だけのチームが初めて出場する。メンバーの6人はこれまで各都道府県チームのスタッフなどで大会に関わってきたが、今回は「車いすマラソン愛好会」としてオープン参加する。「うれしい。まずはレースを楽しみたい」と号砲を心待ちにしている。

 メンバーは宮城や愛知など4県の男性5人と女性1人で、普段から競技用車いす「レーサー」に乗って練習している。監督を務める埼玉県の特別支援学校教諭の吉川博史さん(63)=埼玉県越谷市=は、競技歴20年。全国車いす駅伝には過去埼玉チームの監督として参加し「選手がうらやましいと思っていた」という。

 全国には健常者も出場できる車いすマラソン大会があり、数年前から愛好会のメンバーの一人で宮城県職員の藤田悦生さん=仙台市=が中心となって同駅伝への参加を要請してきた。昨年の大会で選手に健常者チーム参加の是非を聞いたところ大半が賛成で、今回のオープン参加が決まった。

 同駅伝は昨年、参加チーム数が18と過去最少だった。来年30回の節目を迎える前の新たな試みに、京都障害者スポーツ振興会(京都市左京区)の中村芳道事務局長(61)は「今の共生社会の流れの中で、障害者と健常者が一緒に参加することに意義がある」と強調する。愛好会の佐藤貴洋主将(50)=千葉市=も「今回をきっかけにレースの輪が広がれば」と話す。

【 2018年03月11日 05時00分 】

ニュース写真

  • 初参加する健常者チーム「車いすマラソン愛好会」のメンバー(写真左列)。車いすの選手と一緒に開会式に参加した=京都市左京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      全国のコメの酒、搾り作業
      被災地応援と地域連携目的

      20180623000069

       全国47都道府県のコメで造る日本酒の搾り作業が23日、福島県会津坂下町の曙酒造で行われ..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]