出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

立命大アメフト部に古橋監督復帰 チーム再建へ決意の船出

立命大に復帰した古橋監督(立命大びわこ・くさつキャンパスクインススタジアム)
立命大に復帰した古橋監督(立命大びわこ・くさつキャンパスクインススタジアム)

 立命大アメリカンフットボール部監督に今季から古橋由一郎氏(53)が10季ぶりに復帰し、新体制で新たなスタートを切っている。一昨年、昨年は戦力が充実しながら甲子園ボウル出場を逃し、チームの再建を託された。「学生たちも危機感は強い。全員がゼロからの再出発の意識でいる」と強い覚悟で臨む。

 古橋監督は2002年から7季監督を務め、同年から関西学生リーグ4連覇。02、03、08年度には日本選手権・ライスボウルも制した。退任後は立命館守山高でコーチを務めていたが、立命大・米倉輝監督の退任を受けて、復帰した。

 古橋監督は、ライバルの関学大に敗れた過去2年間の戦いを外から見て、「全員が抱いているはずの情熱を爆発、表現できていない」と感じた。目下、選手と対話しながら、チーム作りの方向性を模索している。

 今季のチームは3年前に学生日本一に輝いた主力が多く抜けた。選手は一体感を高めるため、新主将のOL安藤純一(4年)を中心にミーティングを重ねている。選手の発案で通常3人の副将を5人に増やし、今まで以上に学生主体でチームをまとめる試みも取り入れた。

 4月は名城大と東海大に2連勝したが、ミスも多く締まらない試合だった。今月は龍大、早大、京大戦があり、秋季を占う重要な試合だ。今季チームが掲げたスローガンは「パッション」。新指揮官は「気迫、情熱を全面に出せるチームへ、一皮も二皮もむけることを期待している」と話す。

【 2018年05月14日 12時00分 】

ニュース写真

  • 立命大に復帰した古橋監督(立命大びわこ・くさつキャンパスクインススタジアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      地元産魚使いネコ用缶詰 京都、収益一部でネコ保護へ 

      20180525000105

       京都・丹後の魚のおいしさやネコの保護をPRしようと、地元の魚を使った「プレミアムご当地..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は2万2457円
      前日終値挟み小動き

      20180525000075

       25日午前の東京株式市場は米国と北朝鮮の首脳会談中止を懸念した売り注文と、外国為替相場..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      時代劇・朝ドラ、小道具担い100年 京都・高津商会の歴史

      20180525000098

       旗本退屈男、水戸黄門、必殺仕事人といった京都発の時代劇からNHK連続テレビ小説、「新婚..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      日本の南シナ海関与を評価
      ベトナム国家主席が会見

      20180525000116

       【ハノイ共同】29日から日本を公式訪問するベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席(61..... [ 記事へ ]