2016京都女性スポーツフェスティバル サン・クロレラ杯

関連ニュース

13競技 1000人健闘誓う

太陽が丘体育館で総合開会式

開会式の後、エアロビクスで楽しそうに体を動かす選手たち(宇治市・太陽が丘体育館)
開会式の後、エアロビクスで楽しそうに体を動かす選手たち(宇治市・太陽が丘体育館)

 2日、宇治市の太陽が丘体育館で行われた総合開会式で開幕した。13競技の選手たち約千人が健闘を誓い合い、交流を深めた。

 ホッケーを先頭に、色とりどりのユニホームや胴着姿の選手たちが競技ごとに入場行進。ソフトテニスはラケット、バドミントンはシャトルを掲げながら笑顔で歩いた。

 祝辞で府体協の武田暹会長が「府内に女性スポーツの輪が花開くように頑張ってほしい」と述べた。宇治黄檗学園吹奏楽部の中学生が入場行進曲などを演奏し、式を盛り上げた。開会式の後、選手たちはエアロビクスやムカデ競争で体を動かした。午後からはバレーボールとテニスで熱戦を繰り広げた。

熱い戦い、五輪に負けぬ

 選手宣誓はホッケー協会女性委員会の河野安歌音さん(25)=城陽市=が「女性らしい強さと美しさを存分に発揮し、リオ五輪に負けない熱い戦いにすることを誓います」と力強く述べた。文言は自ら考えたといい「緊張はしなかった」と笑顔だった。

 京都すばる高でホッケーを始め、強豪の天理大でプレーした。卒業後に母校の教諭となり、後輩を指導する。攻撃的なポジションでプレーし、競技の魅力を「シュートを決めた時の快感」と話す。今大会は京都すばるの卒業生でつくるチーム「Fight」から出場し、「楽しくプレーできれば」と目標を語った。

力強く選手宣誓する河野さん
力強く選手宣誓する河野さん
◇全京都ママさんバレーボール大会(太陽が丘体育館)
【山城地区グループ戦】
▽1組 伊勢田ク2−1光彩ク、久御山ク2−0東城陽ク、光彩ク2−0東城陽ク▽2組 蔵ク2−0久津川ク、精和MVC2−1大開ク、大開ク2−0久津川ク▽3組 フェロー・シップ2−0Peace、イセダファミリーVBC 不戦勝 城陽ク、Peace 不戦勝 城陽ク▽4組 今池ク2−0西小倉ク、宇治ク2−0南加茂ク、南加茂ク2−1西小倉ク
◇京都女子テニス連盟 さわやかテニストーナメント(太陽が丘テニスコート)=1位通過チーム
【プラチナの部予選リーグ】
▽1組 菅野▽2組 安田▽3組 米村▽4組 露木▽5組 福屋▽6組 大八木
【一般の部予選リーグ】
▽7組 井上▽8組 清瀬▽9組 辻▽10組 杉岡▽11組 山内▽12組 北川▽13組 藤岡▽14組 森本

【2016.04.03掲載】

(c) 2016 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.