出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ゲノム編集に新技術、細胞種ごとに調整 京大iPS研

 遺伝子を改変できる技術「ゲノム編集」の働きを細胞の種類によって調節する技術を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授や大学院生の弘澤萌さんらが開発した。iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを使った成果で、必要のない遺伝子を改変するリスクを減らせるという。英科学誌に19日、発表した。

 ゲノム編集は、目的とする遺伝子を改変できる技術で、医療への応用が検討されている。しかし特定の細胞だけの編集が難しいという課題がある。

 グループは、細胞の種類ごとに異なる「マイクロRNA」に着目。特定のマイクロRNAの有無によって、細胞内でゲノム編集に関わるタンパク質の発現を調節できる遺伝子を作った。この遺伝子と一緒にiPS細胞とほかの細胞を培養したところ、ほかの細胞だけをゲノム編集することに成功した。

 齊藤教授は「がん細胞だけをゲノム編集して除去するなど、さまざまな応用が考えられる」としている。

【 2017年05月19日 21時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      子ども食堂の運営ノウハウ、冊子に 京都市

      20180423000196

       京都市は、子ども食堂の開設や関連事業を計画している団体向けに、運営のノウハウや注意点を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、杉田祐一は1回戦敗退
      バルセロナ・オープン

      20180424000003

       【バルセロナ共同】男子テニスのバルセロナ・オープンは23日、バルセロナで開幕し、シング..... [ 記事へ ]

      経済

      グーグルが過去最高益、1兆円
      1~3月期、広告好調

      20180424000015

       【ニューヨーク共同】米IT大手グーグルの持ち株会社アルファベットが23日発表した201..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都でアジアごはん旅 ケーンノーマイ(ラオス)

      20180423000138

       タケノコのおいしい季節がやって来た。あのシャキシャキの食感や、若々しい素材の味に再会し..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      南北首脳会談「成果期待できる」 韓国議員が立命大でシンポ

      20180423000169

       北朝鮮問題をテーマにしたシンポジウムが23日、京都市北区の立命館大で開かれた。27日に..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発審査対応で複数社員違法残業
      日本原電東海第2、是正勧告

      20180423000179

       日本原子力発電東海第2原発(茨城県)の再稼働と最長20年の運転延長に関する原子力規制委..... [ 記事へ ]