出版案内
福祉事業団

ゲノム編集に新技術、細胞種ごとに調整 京大iPS研

 遺伝子を改変できる技術「ゲノム編集」の働きを細胞の種類によって調節する技術を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授や大学院生の弘澤萌さんらが開発した。iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを使った成果で、必要のない遺伝子を改変するリスクを減らせるという。英科学誌に19日、発表した。

 ゲノム編集は、目的とする遺伝子を改変できる技術で、医療への応用が検討されている。しかし特定の細胞だけの編集が難しいという課題がある。

 グループは、細胞の種類ごとに異なる「マイクロRNA」に着目。特定のマイクロRNAの有無によって、細胞内でゲノム編集に関わるタンパク質の発現を調節できる遺伝子を作った。この遺伝子と一緒にiPS細胞とほかの細胞を培養したところ、ほかの細胞だけをゲノム編集することに成功した。

 齊藤教授は「がん細胞だけをゲノム編集して除去するなど、さまざまな応用が考えられる」としている。

【 2017年05月19日 21時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「共謀罪」参院審議入り
      首相「テロ対策は責務」

      20170529000067

       犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      小兵で人気の幕内石浦関が結婚
      4月に保育士と

      20170529000062

       大相撲の西前頭11枚目の石浦関(27)=本名石浦将勝、鳥取県出身、宮城野部屋=が29日..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は1万9717円
      売り買い交錯、北朝鮮ミサイ

      20170529000050

       週明け29日午前の東京株式市場で日経平均株価(225種)は、前週末終値を挟んで売り買い..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ニジマス、アマゴ 焼きたて 滋賀・米原の養鱒場で祭り

      20170529000051

       新緑の中でニジマスやアマゴを味わう「新緑ます祭」が28日、滋賀県米原市上丹生の醒井養鱒..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      【時のひと】龍谷大の新学長に4月に就任した 入澤崇さん

      20170528000054

       仏教遺跡の研究者として、アフガニスタンなどで調査を続けてきた。現場の多くは紛争地帯だが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      外来魚“大漁”48キロ 滋賀・琵琶湖で駆除釣り大会

      20170528000032

       市民らで外来魚を駆除する催し「もりやま・びわ湖・ブルーギル撲滅釣り大会」が27日、滋賀..... [ 記事へ ]