出版案内
福祉事業団

京都国際会館新ホール、来年秋開業 内装に伝統産業品

多目的ホールのロビーのイメージ図。京焼・清水焼を使った壁面のアート作品など、伝統産業製品を活用する
多目的ホールのロビーのイメージ図。京焼・清水焼を使った壁面のアート作品など、伝統産業製品を活用する

 国立京都国際会館(京都市左京区)で建設中の多目的ホールが、来年10月にオープンすることが決まった。最大2500人収容のホールでは、京焼・清水焼のアート作品をロビーの壁に飾り、賓客用の特別室に北山丸太の床柱を使うなど、京都の伝統産業製品を生かした空間を整える。

 多目的ホールは広さ延べ2千平方メートル。国が、既存のイベントホール北側に約33億円をかけて整備している。大規模な国際会議やイベント誘致のため、将来は5千人規模への拡張を市が要望しており、増築を想定した設計となっている。

 同会館と市は、施設の付加価値を高めて会議の誘致や伝統産業振興に生かそうと、2016年度に大学教授らでつくる懇談会を設け、内装や備品に関する取り組みを検討した。

 京都ならではの内装や庭の整備には4億円をかける。特別室は西陣織の生地を張る椅子のほか、漆塗りの机や象眼をあしらう引き戸を使い、庭に貴船石や鞍馬石を配する。ロビーには伝統産業製品の展示ケースを組み合わせたサイドテーブルなどを置き、館内は合わせて30品目程度の伝統産業の技術を生かす方針。市美術館(左京区)と連携した美術工芸品の展示も検討している。

 多目的ホールの予約は、8月1日から受け付けが始まった。ケータリングサービスを複数の事業者から選択できるようにするなど、運用面でも新たな方式を取り入れる。同会館と市は「京都ならではのしつらえと、さまざまな催事に柔軟に対応できる特徴を誘致につなげたい」としている。

【 2017年08月12日 22時22分 】

ニュース写真

  • 多目的ホールのロビーのイメージ図。京焼・清水焼を使った壁面のアート作品など、伝統産業製品を活用する
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「和解は息子の命生かす通過点」
      シンドラー訴訟で母会見

      20171124000127

       東京都港区のマンションで2006年、住人の高校2年市川大輔さん=当時(16)=がエレベ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      浅田真央さん、軽く皇居1周
      姉の舞さんと一緒に

      20171124000136

       ことし現役を引退したフィギュアスケートの浅田真央さんが24日、プレミアムフライデー推進..... [ 記事へ ]

      経済

      ハウスがカレー14万個回収
      樹脂片が混入した可能性

      20171124000123

       ハウス食品グループ本社は24日、ハウス食品が販売するレトルトカレーに樹脂片が混入した可..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園小唄「舞妓として必須」 京都で歌碑に献花

      20171124000013

       京都の四季の風情や舞妓の心情を詠み、花街で親しまれ続ける歌舞曲をたたえる祇園小唄祭が2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]