出版案内
福祉事業団

「自殺しないで」深夜の声掛け 京都・船岡山で10年超

公園内を巡回し、自殺を図ろうとする人への声掛けを続ける長田さん(京都市北区・船岡山公園)
公園内を巡回し、自殺を図ろうとする人への声掛けを続ける長田さん(京都市北区・船岡山公園)

 京都市北区の男性が、同区の船岡山公園を毎晩、見回り、自殺を図ろうとしている人に声を掛け続けている。活動は10年を超え、自殺を食い止めたこともあるという。「本人が生きたい、と思うまで向き合う」。自殺予防週間(16日まで)を迎え、男性は思いを強くしている。

 警察署協議会(北署)の副会長を務める長田渉さん(45)。20代の頃、出身地の鳥取県で、深夜にたむろする少年やホームレスらを見守る防犯活動に取り組んでいた。京都に移住した13年前、自宅近くの船岡山公園で、毎年数人の自殺者が確認されていることを知り、声掛けを始めた。

 長田さんは、午後10時半ごろから見回りを始め、未明まで公園内にとどまる。自殺を考えている人を見つけると警戒心を解くため、「どげしたん(どうしたの)」とあえて出雲弁で話しかける。たばこを吸うそぶりをして「火を貸して」と会話の糸口を探ったり、あめやチョコレートを一緒に食べたりしたこともある。

 おととし、深夜の公園でうずくまっている男性を見つけた。男性は大学院生で研究成果が出ず、親の期待に応えられないと嘆き、死をほのめかした。「なるようになる。やれることをやろう」などと伝え、対話は約2時間続いた。男性は自殺を思いとどまり、後日、「元気でやってます」と巡回中に伝えに来たという。

 長田さんはこれまでに遺体を見つけ、「防げなかった」と悔やんだこともある。それでも、自殺を考えている人は誰かに止めてほしい願望があるとし、声を掛け続ける。「今は大きな悩みでも、後で振り返ればささいな出来事になることもある。心持ち次第で状況は変わる」

【 2017年09月13日 12時00分 】

ニュース写真

  • 公園内を巡回し、自殺を図ろうとする人への声掛けを続ける長田さん(京都市北区・船岡山公園)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「和解は息子の命生かす通過点」
      シンドラー訴訟で母会見

      20171124000127

       東京都港区のマンションで2006年、住人の高校2年市川大輔さん=当時(16)=がエレベ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子ゴルフ、谷原は46位
      UBS香港オープン

      20171124000150

       男子ゴルフの欧州ツアーで新シーズンの初戦となるUBS香港オープンは24日、香港GC(パ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハウスがカレー14万個回収
      樹脂片が混入した可能性

      20171124000123

       ハウス食品グループ本社は24日、ハウス食品が販売するレトルトカレーに樹脂片が混入した可..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園小唄「舞妓として必須」 京都で歌碑に献花

      20171124000013

       京都の四季の風情や舞妓の心情を詠み、花街で親しまれ続ける歌舞曲をたたえる祇園小唄祭が2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]