出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「自殺しないで」深夜の声掛け 京都・船岡山で10年超

公園内を巡回し、自殺を図ろうとする人への声掛けを続ける長田さん(京都市北区・船岡山公園)
公園内を巡回し、自殺を図ろうとする人への声掛けを続ける長田さん(京都市北区・船岡山公園)

 京都市北区の男性が、同区の船岡山公園を毎晩、見回り、自殺を図ろうとしている人に声を掛け続けている。活動は10年を超え、自殺を食い止めたこともあるという。「本人が生きたい、と思うまで向き合う」。自殺予防週間(16日まで)を迎え、男性は思いを強くしている。

 警察署協議会(北署)の副会長を務める長田渉さん(45)。20代の頃、出身地の鳥取県で、深夜にたむろする少年やホームレスらを見守る防犯活動に取り組んでいた。京都に移住した13年前、自宅近くの船岡山公園で、毎年数人の自殺者が確認されていることを知り、声掛けを始めた。

 長田さんは、午後10時半ごろから見回りを始め、未明まで公園内にとどまる。自殺を考えている人を見つけると警戒心を解くため、「どげしたん(どうしたの)」とあえて出雲弁で話しかける。たばこを吸うそぶりをして「火を貸して」と会話の糸口を探ったり、あめやチョコレートを一緒に食べたりしたこともある。

 おととし、深夜の公園でうずくまっている男性を見つけた。男性は大学院生で研究成果が出ず、親の期待に応えられないと嘆き、死をほのめかした。「なるようになる。やれることをやろう」などと伝え、対話は約2時間続いた。男性は自殺を思いとどまり、後日、「元気でやってます」と巡回中に伝えに来たという。

 長田さんはこれまでに遺体を見つけ、「防げなかった」と悔やんだこともある。それでも、自殺を考えている人は誰かに止めてほしい願望があるとし、声を掛け続ける。「今は大きな悩みでも、後で振り返ればささいな出来事になることもある。心持ち次第で状況は変わる」

【 2017年09月13日 12時00分 】

ニュース写真

  • 公園内を巡回し、自殺を図ろうとする人への声掛けを続ける長田さん(京都市北区・船岡山公園)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      配備候補地の再検討要望へ
      地上イージスで、山口県阿武町長

      20180723000076

       地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地となっている陸上自衛隊むつみ演..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      MFエジルがドイツ代表引退
      トルコ系、人種差別を理由に

      20180723000084

       【ベルリン共同】サッカーのドイツ代表MFメスト・エジル(アーセナル)が22日、代表引退..... [ 記事へ ]

      経済

      東京円、一時110円台後半
      投資家のリスク回避強まる

      20180723000043

       週明け23日午前の東京外国為替市場の円相場は円高が進み、一時、約2週間ぶりに1ドル=1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・伊根にサイクリング休憩施設 丹後初、愛車の整備も

      20180723000026

       サイクリングの愛好家が休憩や自転車の整備などに活用できる施設「エイドステーション」が、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      さあ夏休み、終業式でも給水タイム 京都の小学校

      20180723000071

       京都市内の全市立小学校159校で23日、1学期の終業式があった。連日の厳しい暑さを受け..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]